GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ガンダムアストレア・コントリビュータ
  • 443
  • rating_star12
  • 0

ガンダムアストレア・コントリビュータ

とある企業が最高のガンプラを作るためのテスト機として開発されたガンプラ
主に運動性能と汎用性の高さをテストするための候補としてアストレアが選ばれ、テスト運用された。
元のガンプラの一部に最新式のパーツをつける事により、最新のガンプラに対抗できる性能まで上がることができた。
しかし、汎用性と運動性能を両立する事が難しく、器用貧乏に近い状態になってしまったのと塗料やプラスチック素材を均一化にすることができず素材の構成精度をこれ以上高めることが不可能に近い事が判明してしまった。
やむなく、今のテスト機のさらなる開発を中止し、その設計データを引き継ぎ新たな計画を立てることにした
それは塗料やプラスチックの均一化にできる場所を探し、プロのファイターの操縦に付いて来られる性能を出せるガンプラを
最終的にそのガンプラは無事に完成し、とある大会で大きく活躍された。
試作機の好成績と設計により究極のガンプラは無事に完成する事ができた。その貢献をたたえ、このガンプラはコントリビュータ(英語で貢献者)と呼ばれる事になった。

GNバヨネット
射撃と斬撃を両方行える事ができるように開発されたライフル
威力や臨機応変な機能には評価がついたものの、取り回しが難しく銃身が破壊された場合、剣も使用不可になるため不採用とされた。後の機体にはシールドにビームサーベルをつけることにより、この課題は解消された

GNバヨネット
射撃と斬撃を両方行える事ができるように開発されたライフル
威力や臨機応変な機能には評価がついたものの、取り回しが難しく銃身が破壊された場合、剣も使用不可になるため不採用とされた。後の機体にはシールドにビームサーベルをつけることにより、この課題は解消された

GNシールド
シールド表面に粒子を纏わせる事により防御力を高めるように開発したものの、塗料やプラスチックの均一化が出来ず、攻撃を受けすぎると連鎖反応により破壊されるため満足した防御力には満たされなかった。

GNシールド
シールド表面に粒子を纏わせる事により防御力を高めるように開発したものの、塗料やプラスチックの均一化が出来ず、攻撃を受けすぎると連鎖反応により破壊されるため満足した防御力には満たされなかった。

GNビームサーベル
出力の調整により、ダガーのサイズまで絞る事が可能になり投擲も可能になった。
機動力をメインにするため、後の機体にはスラスターをつけるようになったため、本ガンプラのみの装備となった

GNビームサーベル
出力の調整により、ダガーのサイズまで絞る事が可能になり投擲も可能になった。
機動力をメインにするため、後の機体にはスラスターをつけるようになったため、本ガンプラのみの装備となった

スラスター
技術の更新とふくらはぎについているオーライザーの機能によりスリーコーン型ドライヴは安定され、さらにオーライザーの推力により高機動を得られることに成功したものの、格闘時のデッドウェイトとパージによる火力低下や推力低下に繋ぐことになる事と背中に強化パーツをつける事が不能になったため、この機能と装備はお蔵入りとなってしまった。

スラスター
技術の更新とふくらはぎについているオーライザーの機能によりスリーコーン型ドライヴは安定され、さらにオーライザーの推力により高機動を得られることに成功したものの、格闘時のデッドウェイトとパージによる火力低下や推力低下に繋ぐことになる事と背中に強化パーツをつける事が不能になったため、この機能と装備はお蔵入りとなってしまった。

もしも、アメイジングエクシアにアストレアみたいなテスト機体があったら?という設定を考えて作りました。

コメント0件