GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

戦国アストレイ 天マガツチ
rating_starrating_star80
  • 2286
  • rating_star80
  • 6

戦国アストレイ 天マガツチ

煌めく純白の装甲と、と金色のフレームを併せ持ったアストレイタイプのガンダム。
戦国アストレイをベースに天(アマツ)の装備を搭載し、主に近接戦闘を特化させた機体へと仕上げている。
とくに目を引くのが、通常と比べ倍の長さを誇る長刀、天嵐ノ刀。
その切れ味は絶大であり、とくに各部位に備えられ、そして蓄えられているプラフスキー粒子を用いた、通称”属性解放斬り”であれば、一太刀の内に標的を一刀両断し、発生した衝撃波でもまともにくらえば、バラバラに引き裂かれてしまう。
一方でそれ以外の飛び道具は天からの流用武器(通称、拘束用バリスタ)しかないため、基本的には接近戦でのみでしか本領を発揮できないデメリットはある。が、マガノイクタチを4枚装備することで空気中、そして敵機からプラフスキー粒子を急速に奪い自らの糧とすることを主戦としている。その際、天マガツチを中心に膨大なプラフスキー粒子を舞い上がるが、まるで嵐の中に佇む古の龍の様だ、とも言われている。

——
ご無沙汰です。さて、今回は名称の通り、戦国アストレイと、天(あまつ)のお手軽ミキシングで仕上げたガンプラです。
天装備はマガノイクタチ×4と、爪先部分で、あとは戦国アストレイのキットをとくに改造もせずに使用しています。
そしてコンセプトにのっとり、機体を白とゴールドで塗装、白部分には偏光パールを使用していますので、光加減によって色が変化します。

…あ、コンセプトですか?それは、天マガツチ、という名前を何度も読んでれば、きっとわかりまがつち。

今回は赤くない! 白と金を基調としたメッキ仕上げです。

マガノイクタチを贅沢に4枚使用し、プラフスキー粒子の吸収効果を底上げしています。

プラフスキー粒子蓄積部分には、100均のネイルシートとレンズパーツを加工して貼り付けて、煌めき感を上げています。

双刀は本来、肩に納刀するのですが、今回はM1アストレイの鞘を加工したものをサイドアーマーに取り付けて、そこに納刀できるようにしています。

長刀はブキヤのを打ち直して、ロング化しています。

ツムハノタチも、両腕に装備し、凶悪感をアピール。

天マガツチといえば、拘束用バリスタ。ただし、今回は撃たれる側ではなく、撃つ側で敵機を拘束しちゃいます。

今回のマックベイは赤じゃない!

コメント6件

  1. @Maru_Iruka 7か月前
    • マックベイ 7か月前
  2. かーず 7か月前
    • マックベイ 7か月前
  3. マックベイ 7か月前
  4. sui 7か月前