ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントをお持ちの方はこちら会員登録
グレイズ改-参-(クタン砲撃型装備)
gundam_love1175
グレイズ改-参-(クタン砲撃型装備) 設定は、エドモントンでの戦いで大破したグレイズ改弐(流星号)がこの戦いをきっかけに運用を終えることになったが、バルバトス不在時の三日月専用予備機としての再運用の決定、改修され、同時にクタンの大火力改造を済ませそれを装備したものを基本運用型とした。六門の滑空砲を装備し、阿頼耶識をもってそれをコントロールする。 グレイズ本体は肩をグレイズ改の時のものに両肩を変更、頭部も同様に変更しました。 武装はクタンに装備された六門の滑空砲に加え両腕に装備したグレイズのマシンガンです。滑空砲のうち左右四門は上下左右の回転可能なので自由な方向への砲撃が可能。 勿論、グレイズ単体での運用も可能なのでクタン被弾時や整備時はグレイズのみの出撃もできます。 上部、左右部の六門の滑空砲は後ろの部分に穴を開け百均の道具で加工しディティールアップをしました。 全ての装備を並べるとこんな感じです。

ご覧いただきありがとうございます。ぜひ@gundam_love0705のツイートもご覧ください!

コメント1件

  1. フォーリン
    3週間前 | 返信

コメントを書く

1/100スケールコンテスト