ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントをお持ちの方はこちら会員登録
ASW-G-48 ガンダムハーゲンティ
ichii-bal
ASW-G-48 ガンダムハーゲンティ 全体図。ベースにヴィダールを使いGサイフォスをミキシングして肩や一部の箇所にZ系のパーツを使っています 背面から。複座機という設定にしたのでバックパックはヴィダールのものにGサイフォスのブースターを取り付けています
増設されているコックピットブロックのスペース確保という形にしたかったので背面のリアクターはフェイクで銀色にしています メイン武装は大振りのソード
切れ味と重さを両立させるために片刃の形にした感じにしたかったのでGサイフォスのソードは適役でした もう1つのメイン武装はフック付きのハンドライフルでこちらもGサイフォスから。
左手を覆っている仕様は殴ったりして指などが壊れないようにするためにという設定です(フックもそのため) 脚部クロー。ヴィダールをベースにジャンクパーツを取り付けて踵側のハンターエッジを逆に向けています。
本機の特徴的な装備で発掘時からこの装備が付いていた設定。爪を開いた接地モードと格闘時のクローモードを使い分ける クローは攻撃の他にMSなどを掴んで固定することも可能。但し、同じく脚部クローを持つユーゴーと違い刃が付いているので食い込ませて引きちぎるなど戦法の幅が広い ノーマルのライフル装備状態。こちらはヴィダールから
左手のハンドライフルを外してソードと併用する。隠密作戦用だが、戦闘のスタイルに合わないためあまり使われない 腰にはハンドガンを装備。攻撃には滅多に使われないため、信号弾などの特殊弾が入っている設定
写真はあえての2丁持ちで

ガンダムフレーム企画に際しての投稿です!

コメントを書く

1/100スケールコンテスト
rating_star29 評価点
いいね
2670 views

ウルスラ

こんにちは。社会人なりたてですが、大学から楽しんでます。 ほとんど改造でしか作れなくなりました 好きなものはマルチウェポン 基本筆塗りでやってるので、塗装の粗さはご容赦ください あくまで箸休め...

Tags