GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ガンダムアミー オルナティウス
rating_starrating_star11
  • 706
  • rating_star11
  • 1

ガンダムアミー オルナティウス

初投稿です。
とても魅力的な企画だったので自分も一枚噛みたいと思って参加しました。
脳内妄想全開ですが技術が完全に追い付いてません、けれども作らなければ技術も向上しない、これからも頑張っていきます。

バルバトスルプスとフラウロスのミキシングで作りました、頭部のみ少し手を加えています。

辺境コロニーに駐屯する、ギャラルホルンでも武門として知られる一族ミニッツ家に伝わる機体、と言う設定で作りました

ミニッツ家の跡取りである青年将校リューズ・ミニッツは友でありモビルスーツ工厰で働くラグ・ベゼルと共に屋敷の中を走っていた
コロニー内部で突如発生した武装蜂起、明らかに計画的、組織的な襲撃に部隊は大きな損害を受ける
乗機を失ったリューズは一か八か屋に、武門の誉れ、一族の誇りとして飾られていたモビルスーツを起動しようとする

『おい!リューズ!本当にこれで戦うつもりか!』
「そうしないと皆やられちまう!やるしかないんだ!」
『わかったよ畜生!大昔の置物の御機嫌取りでも何でもやってやるよ!』
「頼む、動いてくれ。俺には大義だの正義だのよりも皆が家族が大事なんだ、だから動いてくれ!戦わせてくれ!」
[]
『動いた!コイツまだ生きてるぞ!リューズ!』
「よし!リューズ・ミニッツ、ガンダムアミー出る!」

ガンダムアミー オルナティウス
厄災戦において運用されたガンダムフレームを用いた72機のモビルスーツの一機
厄災戦後はミニッツ家が一族の誇りとして屋敷内に置物として保管されていた
保存と手入れ、置きやすさの関係で装甲が一部取り外されている

武器として用いているハルバートはリューズは展示用に持たせてあるだけと思っていたが、厄災戦でも使用されていたもので実戦でも充分すぎるほどの威力を発揮する

機体性能は何かしらの分野に特化する傾向が強いガンダムフレームには珍しくこれと言った特徴がない
故にミニッツ家の始祖は卓越した操縦技術を持って多くの武功を上げたと語り継がれる

『凄いぜリューズ、敵は全部逃げていった、俺たちの勝ちだぜ!』
「ああ、本当に良かった。ところでラグ、コイツのシステムを見たり、いじったりしたか?」
『いや、俺は動力周りと電気回路を調整しただけだ、そもそもシステムは専門外だし、それがそうかしたのか?』
「操縦していた時、何て言うか、その、誰かが手伝ってくれている感じがしたんだ」
『本当かよ!ソイツはきっと勝利の女神様だ、やったぜリューズ!女神様がついてくれるなら俺たちに負けはないぜ!』
「ああ、そうだな」
「(悪魔の名を冠する機体に女神様?一体あれはなんだったんだ)」

こんな感じの妄想の基つくってみましたガンダムアミー オルナティウス
オルナティウスは飾り・装飾という意味のラテン語です
未装着の装甲はちゃんとミニッツ家に保管されています

キャラ設定
リューズ・ミニッツ
ミニッツ家の跡取りでギャラルホルンの青年将校、ミニッツ家は代々軍事に関わっているが政治に興味を持たなかったので現在では地方の顔役として治安維持に勤めている
リューズは生まれながらに聴覚に障害を持っており片方の耳で音を感じることができない、禁忌であると知りながらも機械を埋め込み聴力を取り戻したいと心のどこかで思っている

ラグ・ベゼル
モビルスーツ工厰に勤めるリューズの友人
中流階級出身だが幼い頃誘拐されヒューマンデブリとして売れるように阿頼耶識を施術させられる。幸運にもコロニー外に売られる前にリューズの父親に率いられた部隊に救出され、以降はその恩えお返したいと技術者の道に進む

バエルにアグニカ・カイエルの意思が宿ると言うのなら
他の機体にも誰かの意思があってもいいんじゃないのかな、と思って設定をふくらましていきました

一番オリジナリティを出したと思っている頭部
無貌、と言うコンセプトが何故か浮かんだのでそれにしたがってツインアイではなくしてみました
作った自分が言うのもなんですが不気味です、いいですよね異形と不気味

これからも頑張って作っていくつもりです
長々とありがとうございました。

コメント1件