GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ジムⅡ アサルトカスタム
rating_starrating_star11
  • 347
  • rating_star11
  • 1

ジムⅡ アサルトカスタム

RGM-179ACジムII アサルトカスタム。 夜間の隠密任務を目的にティターンズがジムIIを改装し、高ステルス性を誇る。使用武装も近・中距離主体に重点を置いた他、被弾を見越して追加装甲を装備。 迅速な離脱のためスラスターの追加および性能強化が行われており、1.3倍の推力向上を実現。ふくらはぎのレイアウトは一年戦争期に製 造されたジムスナイパーIIや、同年代のエゥーゴ側量産機ネモを参考に開発されたと推測される。地球にて配備され、エゥーゴ、カラバの拠点を襲撃していたがこの機体は記録がほとんど公開されることがないままで、ティターンズ崩壊後に連邦軍が接収したデータから存在が確認されたという。なお、本機は宇宙世紀0088年にはジム IIIへの配置転換が進行していたため、解体 されたという。

ビーム・ライフルは光条で発射地点を特定される恐れがあるため、使用頻度は低い。
「未来戦隊タイムレンジャー」のタイムファイヤーを意識したポーズにしてみました。(左の前腕をグリップの底でコツコツする仕草)

マシンガンナイフは実弾で、マニピュレーターの自由度を確保し、他の武装を保持している時でも使用可能。マシンガンは連装型。
「仮面ライダーエグゼイド」で仮面ライダーゲンムの使うガシャコンバグヴァイザーをイメージ。

腕部は肩前後と天面、前腕に追加装甲を、肩左右にスラスターを追加。右腕はマシンガンナイフ装備の関係で小型装甲を装備。

スパイクシールドはジム・ストライカーの使用品を簡略化・小型化している。装着ポジションの変更により、防御状態と攻撃状態とに変更できる。

ハンドガンは実弾式で、戦闘中の補給を想定していない。これは機体軽量化のために予備のマガジンを携行しないためである。
「仮面ライダーエグゼイド」の仮面ライダースナイプが使用するガシャコンマグナムをイメージし、プラ板の箱組みで製作。

陸戦型ジムの頭部を近代化改修し、センサー感度は宇宙世紀0087年当時の最新型と同等に引き上げられた。ハンドグレネードはシュツルム・ファウストのように弾頭を射出する。ハンドグレネードはMSキャノン01の付属品。ジャンクでマウントを製作し左腰に装備。

拳はビルダーズパーツHDのハンド01に加え、システムウェポン付属のハンドパーツも使い、様々な武装を保持できるように。

製作品一覧。

キット付属品に加え、U.C.HARDGRAPHの陸ガンセットに付属のジム頭を使用。メインカメラとゴーグルが一体ではめ外しに苦労するのでノコギリで分割。ひさしにプラ板を貼り1.2mm延長。位置調整の時ゴーグルをマスキングして保護してから組み込み、プラ板を貼っています。ゴーグルの後ハメ化は難しかったので、合わせ目をディテール処理しました。
いずれのパーツも、HGアストレアで余るコクピットハッチのパーツを分割、接着しました。なお、撮影後に陸ジム頭の左耳にアンテナ、額にジャンクを追加。

胸部装甲は0.5mmプラ板で製作。マスキングテープをパーツに貼り、スミ入れペンで一回り小さくディテールを写し取ります。写したらプラ板に貼って輪郭に沿って切り出します。なお、この間撮影のために取りだすとひび割れたようになっていてけっこう凹みました。

MSアーマー01を前後面に接着、リアアーマーにスジ彫りを入れ、ナイフのマウントを製作。また、装甲裏に食パンのクリップを加工して接着し、ディテールアップ。フンドシ部分と干渉して腰が少し回しづらかったので腰パーツにプラ板を貼り0.6mm延長。サイドアーマーの穴は3mmピンバイスで彫りこみ、武装の着脱をしやすく調整しました。

ふくらはぎの合わせ目消しの前に、膝の可動が狭かったので膝裏を切り取り、可動範囲を拡大。太ももの合わせ目はナイフで削り、ディテール処理。0.75mmプラ板を上部に貼って延長し気持ちスリム体形に。足首装甲は接地の邪魔になるので省略。膝関節も内側を削り、塗装はげを防止します。膝、スネ外、ふくらはぎにMSアーマー01やジャンクを追加し、上半身とのバランスを取りました。接続はエポキシパテを使用。

スパイクシールドはHGBCボールデンアームアームズから。裏側の接続部を切り取って横並びにし、スパイクを装着。ジョイントを作り直しました。写真撮影後にジョイントを2つにして接続位置を変えられるように。

シールドには食パンのクリップを分割、接着してアップリケアーマーを付けました。同じプラ製なので、集めておくといいでしょう。意外と使い道少ないですが…。

プラ板箱組で、補強にタミヤのL字型プラ材を使ってハンドガンを製作。プラ板とジャンク、スジ彫り追加でディテールを入れたらMSサイトレンズ01でセンサーを、アクションベース02のジョイントを加工した銃口を接着。グリップは当初の予定だとマウントをつけられなかったので接続方式を真鍮線に変更。右腰へのマウントは他キットから。

塗装は全てGSIクレオスのものを使いました。

塗装下地=Mr.サーフェイサー1000[徳用]
本体色=水性カラーアクリジョン コバルトブルー
追加装甲等=ガンダムマーカー ガンダムブラック
センサー類=同上 ガンダムゴールド
膝裏パイプ=同上 ガンダムシルバー
武器類の一部等=同上 ガンダムグレー、ガンダムブルー

夏コミで売る大学サークルの部誌に寄稿しました。

コメント1件

  1. 解体屋ピーカプ 4か月前