GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ASW-G-14 ガンダムレラジェ
rating_starrating_star18
  • 1209
  • rating_star18
  • 0

ASW-G-14 ガンダムレラジェ

ガンダムアスタロトの余ったパーツで作成しました。殆んど無塗装です。武器は2丁のライフルと両肩のダインスレイヴのみです。飛び道具がメインなのと、敵の弱点を徹底的に攻撃し、痛めつける攻撃が得意といわれているのが決め手です。

設定

静寂な宇宙にMSが6体。
一体は白いガンダム。残り5体はカスタムされたレギンレイズ
レギンレイズはライフルやメイスで連携攻撃するがそれを紙一重で躱すガンダム。レギンレイズ達が攻撃し、ガンダムが躱すその流れが10分続き、ガンダムは2丁のライフルで彼らを次々と倒して行く。
ガンダムのパイロットは溜息を漏らす。レギンレイズから通信が入る。「降参だ。融資の件は諦める。だからもう勘弁してくれ」
「わかったそれじゃあ終わりにしよう。」そう返答があり一同が気を抜いた瞬間。
一気に彼らのコクピットは撃ち抜かれた。
男は部下に連絡する。「あの貴族どもは失踪した。そう言えば妻と娘って美人だったよなー?いつもの様に俺の部屋へ閉じ込めておけ。」
男は自分よりも上位の女性を自分の所有物とし、彼女らを娼館に住まわせ人間以下の環境に置かせる。プライドと自尊心を奪われた大抵の女性は自我が崩壊し、犬に成り下がるか精神を病んで廃棄されるかだ。「先に壊れるのは母の方か娘の方か?アイツの様な頑丈なオモチャだったらいいな」彼が2番目に飼育し壊れ無かった女。どんなに汚しても、傷付けても従いながらも反抗的で軽蔑するかの様な瞳。その瞳を虚ろにしたかった。彼は今でも彼女の代用品を探している。

仲介屋は後悔した。まさかこんな事になるとは。
彼は憧れの掃除屋の社長の為にとびっきり大きい仕事を持って来た。新たな航路開設の為、そこの航路に巣食う海賊討伐の手伝いらしい。討伐と言ってもメインは依頼人が行い、こちらはアジトの解体と逃げる海賊の足止めのみとの事。女社長は報酬金と内容に飛び付いたが青年の表情は何故か曇っていた。 仲介屋は女社長を連れて依頼者と打合せに伺った。通常、打合せは仲介屋のみで下請けは参加しない(下請けは粗野な連中が多い為)のだが、仲介屋が自慢したいのと仕事が増える手助けになると思い同行してもらった。
依頼人と対峙し、女社長の表情が青ざめて行くのがわかった。身体中が震え、全身が拒絶しているかの様だ。依頼人は最初は気付かなかったが彼女の容姿と緑眼で気が付きニタリと微笑みながら「初めてまして。ドッド・ゴールドマンと申します。」そして彼女を介抱するかの様に近づき彼女の耳元で「化粧と服装で気付かなかったよ。おかえり。」と囁いた。ドッド・ゴールドマン。彼女の父の会社の元従業員で彼女から全てを奪った男である。
彼は彼女に「この仕事が終わったら戻って来るんだ。また飼ってあげる。逃げてもいいけどもう君の周りから誰か居なくなるのは嫌だよね。」壊れそうな心に青年の顔が浮かんだ。
職場に戻り、青年にこの仕事を最後に社長を辞める事を伝え、自分の過去を話した。
自分は汚れ過ぎていて本当は此処にはふさわしくない事も。青年は何も語らずただ話を聞くだけだった。
仕事当日青年の姿は無かった。丸二日戻ってこなかった。青年がいなくとも海賊はほぼドッドのガンダムレラジェに抹殺されていた。彼は無抵抗の者まで容赦なく攻撃する。彼女は虚ろな目でそれを眺める。これが終わったらもう掃除屋には戻ってこれない。地獄の様な娼館に後戻りだ。前は母が居たから自分を保つことが出来た今はその母ももう居ない。

一体のMSが彼女のゲイレールに近づいてくる。他のMSと異なり漆黒の機体。彼女は気が付いた。青年だ。ガンダムアリスはゲイレールの頭に軽く頭を当てた。接触回線で話しかけてきた。「だいじょうぶっスか?」いつもののんびりした声だ。その気の抜けた声が彼女の心を軽くする。
ドッドは浮かれていて彼の存在に気が付かなかった。これが終われば逃げたオモチャが返ってくる。どんな事をしても壊れ無かったオモチャ。今度はどんな事をしようか?色んなアイデアが浮かんでくる。そう考えてる途中に通信が入る。青年からだ「浮浪の民を海賊って嘘ついちゃダメっすよ。」彼に気が付いたドッドは間髪入れずライフルを連射する。ドッドのライフルを軽々しくと躱しながら近づいて行く。彼女は彼の動きを追いながら先ほど青年が言った言葉を思い返す。「さっさと終わらせて帰ろう。アイツは裁かれるから大丈夫だよ」
こちらは阿頼耶識、あっちは阿頼耶識では無いはずなのに何故当たらない。ドッドは叫んだ。「おまえ何なんだよ‼」

『死神』
通信から冷たい感情の無い声が響いた。

パイロットはドッド・ゴールドマン。元ヒューマンデブリ。傭兵として戦場で使い捨ての様に扱われ、後に女社長の父親に工場の従業員として雇われる。クーデリア議長のヒューマンデブリ解放宣言に便乗し、彼女の父親を自殺に追いやる。クーデリア派の支援と賠償金を元に事業を拡大する。話術が達者で人を操るのが上手く従業員達と社長の妻と娘をレイプし娼館で働かせる。阿頼耶識施術済み。

ガンダムレラジェ
彼が裏で開催している闇市で購入する。両肩のダインスレイヴはライドのフラウロス改のものを使用。

火薬式ダインスレイヴ。2発しか使えない為、切り札用。

銃が得意で2丁同時に使うことが出来る。機動性と彼のスキルで接近戦に移る隙を与えない。

機体は白いけどパイロットは真っ黒です。

コメント0件