GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ASW-G-24 ガンダムナベリウス・ネイキッド
rating_starrating_star3
  • 511
  • rating_star3
  • 2

ASW-G-24 ガンダムナベリウス・ネイキッド

オリジナルガンダムフレーム第二弾です。何故ナベリウスなのかは後程。詳細設定については獅電改とガンダムザガンもどうぞ。

JPTトラストが所有していた獅電改は、ガンダムザガンとして新生した武蔵坊との抗争の際に破壊されてしまった。一時は戦力を失った頭領の少女だったが、ジャスレイ残党が歳星から奪取していた鉄華団のMSデータを“曰く付き”と言って勝手に封印していた事が発覚。少女は残党を脅すと鉄華団MSのデータからガンダムフレームに転用可能な装甲データを復元させ、JPTトラスト母艦の動力の一つとして使われていた剥き出しのガンダムフレームに装着した。この機体は後に“ガンダムナベリウス”であると判明する。

しかし、僅かな鉄華団のデータとジャスレイ残党のみでは技術力的な問題があり、再現できた装備はほとんどがガンダムバルバトスの型落ちという有様。頭部を含め、ナベリウス本来の姿・性能からはかけ離れている上、機体性能も一世代前のものと言っても過言ではない“最弱のガンダムフレーム”。獅電改の唯一にして最大の武器であったチェーンソーも武蔵坊との戦いで亡失している。

【ロケットアンカー】
ナベリウスの左腕に装備された武器。レアアロイ製の錨を敵に撃ち込み、破壊ないし引き寄せる。ダインスレイヴを模倣した武器だが威力は当然低く、必殺と呼べるほどの効果はない。

【シザーシールド】
奇襲と接近戦で使われる右腕の武器。フレームを噛み砕くほどの力はなく、もっぱら装甲の剥ぎ取りや防御に使われている。

【サブアーム&マシンガン】
牽制用のマシンガン。腰部に連結されたサブアームはバルバトスとフラウロスのパーツを復元・融合させたものであり、それなりのリーチがある事から近接戦にも転用可能ではないかと検討されている。

補助装備装着状態。獅電の武器などを流用している他、腰部ブースターはレギンレイズジュリアを参考に歳星で研究されていたものの劣化コピーである。

【ガトリングガン】
徹甲弾を連続発射するガトリング砲。現状ナベリウスがMSを確実に破壊できる唯一の武器である。

阿頼耶識あればこそ他のMSに対して有利に立ち回れるが、それでも状況次第で旧世代機にすら遅れをとる始末。非力を絵に描いたようなガンダムフレームだが───

プラ板加工下手糞マン故足す事ができないもので…バルバトスのツノ両端と顎の一部を切り落とし、顔面パーツと一緒にヤスリで削りました。減らす事で個性を出す!

シンプルが極まり過ぎたガンダム。

コメント2件

  1. weasel 4か月前
  2. ヒツジ 4か月前