GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ガンダム・ヴァプラ
rating_starrating_star24
  • 996
  • rating_star24
  • 4

ガンダム・ヴァプラ

60番目に作られたガンダムフレームの1機
本機は他のガンダムとは異なり戦闘ではなく他のMS、船の修理や製造に作られたガンダムである。
厄祭戦の時代では阿頼耶識システムによる精巧な操作とガンダムフレームの出力とパワーを使い短期間でのMS、船の建造や修理に貢献し、銃後に一番活躍したガンダムとして呼ばれた。
最終的には厄祭戦に使われていた輸送船の格納庫にて装甲やフレームの一部を失った状態で放置されたまま300年の月日が流れ、そして一人のジャンク屋の人間によってまた動きだそうとしていた。

鉄血世界でのジャンク屋
厄祭戦時代に破壊されてデブリになってるMS や戦艦のパーツや技術データを回収している他、コロニーの建造やMS、宇宙船、果てには電化製品などを修理して生計を立てている職業である
厄祭戦に残っていた技術やデータを集めている他、建造や修理なども行っているため復興の象徴として見られている一方で集めたMSを修理して海賊や他勢力に売り渡している為、死の商人として非難される声も出ている
ギャラルホルンが軍事行動を起こしたエリアでもお構い無しに戦闘で損傷したMSや武器や破損したパーツなども集めているためギャラルホルンからはハゲ鷹、火事場泥棒として言われており、反社会的勢力として扱われている(最も、ジャンク屋の目的は戦闘ではなくあくまでもジャンク集めなため、大抵はギャラルホルンや他の武装勢力に遭遇しても戦わずに逃げるか回収業をせずに修理や建造だけやっている人がほとんどのため両者が衝突することは稀である)

センサーヘッド
ヴァプラの特徴の一つとして頭部の大きな兜のような装備は内部に大型センサーカメラと学習装置を備わっており、これによって他のMSよりもさらに広く周りを見渡せる他、パイロットの操縦もサポートできる為、阿頼耶識システムを持たない主人公でもすぐに操作できるようになった

パイルガン
レアアロイ製の火薬式弾丸を打ち出す工具
おもに隔壁の扉やナノラミネート塗装してるところを壊すために使っているが過剰な威力と使い勝手によっては兵器としても使えるため、工具よりも武器に近い装備でもある。
本人もそれに気にしているためか、弾丸は装填しないまま持ち歩き、使わざる得ない状況になったときだけ装填して使用する方針を取っている。

マルチツールキット
ヴァプラの格納庫に一緒に置いてあった工具の一種
フレームを切断できる程のナイフを装備している他、多種多様な機能もついており、切断、溶接、切削、挟むなどヴァプラの特性がよくわかる装備でもある
主人公が修理したヴァプラの装甲や装備は拾い物や他勢力から買った物でできているため、ヴァプラの厄祭戦時代からある装備はこの二つだけである

今日は良いニュースと悪いニュースの二つある。
一つは悪いニュースからだ。俺達がやるはずだったコロニーの解体業が取り止めになったことだ。依頼者はコロニーに海賊が巣くってると言い訳したみたいだがおおかた、どっかの企業が賄賂渡してその仕事を奪ったに違いねえ。そのまま帰るのも癪に障るため、途中で見かけた古い輸送船の中を探索することにした。どうやら厄祭戦の時代に使われていた船だったらしく。内部の老朽化が激しい。何かしらのデータでも残っていたら良いんだが、あるのは骨の残骸と鉄屑になった電子機器だけだ。
そろそろ諦めて帰ろうとした時に格納庫にいた部下がこっちに来てくれと慌てた声で通信が入った。そう言えばあそこはまだ調べてなかったな。古いMSでも見つかったのだろうか?俺はモビルワーカーを操作しながら見つけたものは何なのかに期待を持ちながら格納庫へ向かった。
そして今、良いニュースが一つ入った。
古いMSを見つけた。しかも飛びっきりレアな奴をだ。

あのMSが見つかって2年。やっとこいつが動かすことができる日になった。 
テイワズにガンダムの修理ができる技師がいると知ってから貢ぎ物を出し続けた甲斐もあってあいつらと売買できる関係をついに手に入れた。
本当は欠けたフレームや装備を全て着けて新品の状態にして欲しかったが結局自分でやることにした。理由は3つある。
一つ目。予算が足りなかった。 
ガンダムフレーム事態、相当なレアモンでデータがまだない代物だから高い修理代になるのはわかっていたが、まさか予想の三倍の値段になるとは思わなかった。 
二つ目 修理できる技師がいなかった。
どうやら俺以外にもガンダムが来ていたらしくその技師はそっちの修理に出しているらしい。
確かテイワズにもガンダム持っている奴はいたな。鉄火丼かなんだったかのグループだったような。
3つ目 他のフレームで代用できることがわかったからだ。
整備の人に調べた所、こいつは戦闘よりも修理や建造に特化していたガンダムだったらしく。工事道具をつけるために他のフレームの取り付けもやっていたらしい。
俺は量産を予定している新型MSのフレームを買ってこいつにつけることにした。
予算不足で所々にフレームが剥き出しになってる所あるが構わん。俺はジャンク屋であって傭兵ではない。それにこいつが作業用のMSに使っていたならそっちに使うのがこいつの本望だろう。

このMS …じゃなくて、確かガンダム・ヴァプラって名前だったな。ヴァプラが手に入ってから良いことが3つと悪いことが一つあった。
まずは良いことから説明しよう
一つ目 以前より作業効率が良くなった。
前に使っていたMSよりもパワーも出力も桁外れに違う。持ち運べる量は増えたし、採掘や取り壊しなども以前の作業時間の半分になった。
二つ目 精巧な仕事も可能になった。
ヴァプラの近くに置いてあった工具のおかげで修理や建造なども可能になった。
あと、ヴァプラの頭部に装備してある装置のおかげか作業手順や操作もすぐに慣れる事ができた。
三つ目 やはり知名度が上がったのが一番良いことだろう。
以前よりも仕事の依頼が増えた。この調子で行けばこいつが新品になれるのも夢の話じゃないだろう
そして悪いことが一つ
どうも護衛や取引相手の交渉に参加するなど、ジャンク屋じゃない仕事が多くなった気がする。今のところ戦闘にはならずにただ突っ立てるだけで終わってるがどうもガンダムって存在だけでも抑止や脅しに使える事が理由らしい。 確かに一年前に地球でギャラルホルンのスキャンダルがバレてあいつらのメンツが潰れて以降、あっちこっちで暴動や争い事が多くなったがそのメンツを潰した奴等がガンダムに乗っていた事で有名になったらしい。
ギャラルホルンに蹴りいれるなんて正気の沙汰ではないが、少なくとうちとしては仕事や売買する相手が増えて助かる方だ。だが流石に荒事に参加してまで儲かりたいとは思ってない。次にこうした依頼が出たら断っておこう。

クソ!今日ほど運が悪い日はあるのだろうか!?
いつも通りに同業者と一緒に戦闘が起きた後のエリアで探し物してたらギャラルホルンの連中に見つかった!
同業者も俺も一目散に逃げたが1機が鉢合わせしてしまって、交戦せざる状況になってしまった!
廃品回収の為に装備はほとんどの外してある状態でかつ、相手は恐らくアリアンロッド所属でプロの兵士のはず。いくらガンダムでも勝てるかどうか………
クソ!なんの躊躇もなくに攻撃してやがる!
受け止めるだけでも精一杯だ!

早めにこのエリアを出ねえとまた他のグレイズに見つかってしまう。だがこいつを何とかしねえと逃げられねえ。
仕方ねえ。あんま使いたくねえが今はそろどころじゃねえ!パイルガンを使わせて貰うぜ!!
これでも食らいやがれ!
……………………その後、俺はパイルガンを使って、あのグレイズの動きを止めた後、無事に同業者と合流できた。しばらくは回収業は休んだ方が良いかもしれないな。

ガンダムフレームガンプラ化計画に参加しました。ちょっとしたエピソードもつけたので暇な時に見てください

コメント4件

  1. 紅葉 3か月前
    • @oku9111 3か月前
  2. ヒツジ 4か月前
    • @oku9111 4か月前