GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ASW-G-58-D ガンダムアミードラフト
  • 779
  • rating_star6
  • 0

ASW-G-58-D ガンダムアミードラフト

オリジナルガンダム・フレーム作成記録

ASW-G-58-D ガンダムアミードラフト

リペアを改修してる段階で機体に残っていたデータの中からこのガンダム・フレーム「アミー」のデータがサルベージされた。
そのデータによってこの機体の驚愕の事実が発覚した。
この機体の制式な機体名は「アミードラフト(原案)」
つまりアミーの初期コンセプトで作られた機体であり、そのコンセプトとはソロモン72柱の「アミー」が「欺瞞」・「裏切り」・「悪意」・「誹謗」などの悪事を司り、敵陣営に疑いの種を撒いたり、流言飛語を飛ばすのを得意としたことから、MAのAIにハッキングしシステムを改竄し、自身の手駒として使うことであった。
そのコンセプト故に人々への影響を考慮され実験機として作られたのであった。
のちに当ガンダム・フレームが発見された研究施設を再調査した結果、アミードラフトはテスト段階では初期コンセプトで期待された性能を発揮し、鹵獲したプルーマを手駒とすることに成功したが、最終試テストとしてMAへのハッキング及びシステム改竄を行っている段階でパイロットが阿頼耶識に飲まれ、逆にMAのAIに取り込まれてしまいそのまま行方をくらませ、その後、一部MAを従え人類に牙を向き、その性能を活かし人類側のMSを奪い、自身の勢力を広げていき、最終的には、多くのガンダム・フレームによる討伐作戦が立案実行され、アグニカ・カイエルがのるバエルによってその首を絶たれ、機能停止したという記録が見つかった。

アミーは 最初燃え上がる炎の形で現れるとのことで機体カラーは赤
また、その際に手に長槍と生首を持っていたというので武装は長槍。ただしこの長槍も機体のコンセプトからすればその長槍もあくまでは副兵装でありこの槍で装甲を切り裂き左腕のハッキング用クローを突き刺しハッキングを行うという運用が計画されていたという。
また実験機であったことからパーツ構成はかなりシンプルにまとめました。
ただ、頭部は手駒としたMAを操るためアンテナ多めである。

~ストーリー~
起動テストの際の襲撃を退けたあと機体本体の改修と並行して、システム面の改良も手を付け始められた
「え?機体のデータがサルベージされたって」
「ああ、この間、機体名のあとにも文字だが浮かんだって言ってたから元の情報残ってるんじゃないかと思ってな」
そのデータには機体名とともに機体コンセプトなどの情報や画像データがみることができた
「こいつは・・・・・・」
「まさかこんな考えで作るやつがいるのかよ」
「それだけ・・・追い詰められてたんだな・・・人類」
「なぁ・・・・このデータ改竄能力はだめだが・・・・あいつを画像にあるとおりに直せないか?」
こうして・・・アミードラフトは人類の手に戻ってきたのである

フロントショット

フロントショット

バックショット

バックショット

武装1:ゲイ・アゾット
ハッキングする為にナノラミネート装甲を斬ること主目的に開発された長槍
その刃の部分はアスタロトのγナノラミネートソードの技術を応用してあり、MAの装甲でも切り裂きやすくなっていた
現代では、その技術はなくなっており、代わりにヒートエッジの技術を転用しており、その高熱でナノラミネート装甲を多少は斬りやすくなっている

獅電のパルチザンの柄にガンダムダブルオーシアクアンタのパーツをくっつけて制作

武装1:ゲイ・アゾット
ハッキングする為にナノラミネート装甲を斬ること主目的に開発された長槍
その刃の部分はアスタロトのγナノラミネートソードの技術を応用してあり、MAの装甲でも切り裂きやすくなっていた
現代では、その技術はなくなっており、代わりにヒートエッジの技術を転用しており、その高熱でナノラミネート装甲を多少は斬りやすくなっている

獅電のパルチザンの柄にガンダムダブルオーシアクアンタのパーツをくっつけて制作

武装2:ナックルガード
ゲイ・アゾットを持つを守るためのナックルガード
これによりゲイ・アゾットを失った場合でも打撃戦が可能になった

武装2:ナックルガード
ゲイ・アゾットを持つを守るためのナックルガード
これによりゲイ・アゾットを失った場合でも打撃戦が可能になった

武装3:ハッキングクロー(厄祭戦時)、超電圧クロー(現在)
厄祭戦時ではこちらがアミードラフトのメイン武装であったが、現代ではシュヴァルベ・グレイズのクローを改良し高電圧を流し敵機を行動不能にする武装となっている

武装3:ハッキングクロー(厄祭戦時)、超電圧クロー(現在)
厄祭戦時ではこちらがアミードラフトのメイン武装であったが、現代ではシュヴァルベ・グレイズのクローを改良し高電圧を流し敵機を行動不能にする武装となっている

ポーズ1:ゲイ・アゾット投擲

ポーズ1:ゲイ・アゾット投擲

ポーズ2:高電圧クロー射出
もとのシュヴァルベ・グレイズと同じようにクローを射出しての使用も可能である

ポーズ2:高電圧クロー射出
もとのシュヴァルベ・グレイズと同じようにクローを射出しての使用も可能である

武装以外の改造ポイントは胸部装甲と頭部と脹脛

胸部はバルバドスのパーツにグリムゲルデとバルバドスルプスのパーツで形状を変更

頭部はアスタロトオリジンにパーツをベースにアスタロト・フラウロス・バルバドスルプス・グリムゲルデでアンテナをいっぱいついた状態に

武装以外の改造ポイントは胸部装甲と頭部と脹脛

胸部はバルバドスのパーツにグリムゲルデとバルバドスルプスのパーツで形状を変更

頭部はアスタロトオリジンにパーツをベースにアスタロト・フラウロス・バルバドスルプス・グリムゲルデでアンテナをいっぱいついた状態に

頭部別角度

頭部別角度

脹脛はバルバドスのバックパックのパーツとアスタロとのパーツでスラスターの強化しました

脹脛はバルバドスのバックパックのパーツとアスタロとのパーツでスラスターの強化しました

ガンダムアミードラフト・・・出る!!

コメント0件