GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ASW-G-45 ガンダムヴァイン
rating_starrating_star93
  • 1607
  • rating_star93
  • 10

ASW-G-45 ガンダムヴァイン

厄祭戦時に開発された序列45番目の悪魔の名を持つ[ガンダムフレーム]。

設定
ヴィネ 「戦乱を暗示する」「嵐を起こして敵の城壁を破壊する」ことから、高感度センサー装備、高火力の砲撃型の機体に決定。

パイロット
ウィリアム・アームストロング
42歳。やり手の武器商人として表社会では名を馳せている。しかし裏の世界では宇宙海賊ブラックロータス船長としての一面を持つ。
海賊を名乗っているが、基本的に表稼業で得た利益や武器で補給物資を賄っているため、基本的に無益な襲撃は行わない。
しかし、人身売買等、道理に合わない事を行なっている悪徳軍事企業等の輸送船は積極的に襲撃する。
そういったことから、筋を通していても誤解を受ける事が多々ある。
船長でありながら、ガンダムヴァインのパイロットも務める。パイロットとしての腕も光るものがあり、過去には阿頼耶識搭載型のMSとグレイズのカスタム機で互角に渡り合ったこともある。

宇宙海賊ブラックロータス
悪徳軍事企業関係の輸送船を主に襲撃する宇宙海賊。宇宙海賊ではあるが、表向きは武器商人をしている船長ウィリアムの意向で、人身売買は行なっていない。
クルーには元ヒューマンデブリの少年や青年がいるが、すべて襲撃した輸送船で強制労働を強いられているところを保護したものである。そのためクルーの船長への信頼は厚い。
海賊でありながら、どこか鉄火団や義賊団マグノリアに似た雰囲気を持っている。

ガンダムヴァインは、悪徳軍事企業が極秘に輸送船で運んでいたものを宇宙海賊ブラックロータスが襲撃、鹵獲したものである。鹵獲時はほぼフレーム同然だったヴァインだが、船長ウィリアムがJPTトラスト代表のジャスレイ ドノミコルスやギャラルホルンのある技術整備士と内通、裏取引をしたことで外装及び武装を整備することが出来た。これほどの大きな組織とコネがあるのは、船長ウィリアムは表向きは武器商人として各方面と取引を行なっているためである。

ガンダムヴァインの武装、外装はウィリアムが表稼業で仕入れたものや、裏取引で仕入れたガンダムグシオンリベイクの予備パーツ及びリベイクフルシティの試作品、そしてガンダムヴィダールの予備パーツ等から構成されている。そのため、ガンダムヴァインは頑丈さと機動力を持ち合わせた性能となった。

また、背部の大型レールガンは本来戦艦に装備されるものを小型化したもので、威力はそのままに反動は最小限に抑えられたものとなっている。また砲身を換装することで、スペック上は、ダインスレイヴを発射することも可能となっている。

バックショット
バックパックのブースターは、ロディフレームの腕部を流用している。そのため可動範囲が広く、機動力の向上に一役買っている。

軽装状態

ある時「海賊」であるが故、義賊団マグノリアと交戦状態になる。ヒューマンデブリ救済と海賊根絶を謳うマグノリア。武器は奪うがヒューマンデブリは救済するブラックロータス。「言葉で伝えられないなら、己の拳で伝えるしかないか。野郎ども、今回は俺が出る。船は任せたぞ。」
乗り込んだコクピットで、船長は一人ため息まじりに呟く。
「やれやれ、マグノリアの奴ら、大義に燃えるのも結構だがねぇ。人の話を最後まで聞けって言うんだ。やっぱり人は、戦いの中でしか分かり合えないのかねぇ。」
船長の独り言に応えるように、起動シークエンスが立ち上がる
「ま、こっちにも守るものがあるからね。やられはしないよ。さぁ、行こうか。」
カタパルトハッチが開き、出撃用意が整う。
「ガンダムヴァイン、ウィリアム・アームストロング 出るぞ!」
それぞれの信念が、今ぶつかり合う。

暗闇の中から気配もなく砲撃を仕掛けてくることから、ガンダムヴァインは「漆黒の襲撃者」と呼ばれている。

製作秘話
アスタロトリナシメント余剰のオリジン頭部をいじっていた時、ユーゴーの頭部センサーがオリジン頭部にドンピシャリ。そこにグレイズアインのアンテナとヘイズルのジャンクを付けるともう鉄血版バスターガンダムにしか見えなくなったのが本機製作の始まりでした。

ミキシング最初期のヴァイン。
脚部にバルバトスを使っているためバランスが悪い…

ミキシング中期。
脚部をヴィダールに変更してバランスが安定してきた頃。膝の装甲部分はグシオンリベイクとリベイクフルシティのカカトのパーツを組み合わせています。

ミキシング後期。
脚部を中心に、様々なパーツを切り貼りしてバランスを調整してミキシングの原案がほぼ完成。
この後バックパックにリゼル(ゼネラルレビル仕様)の砲身を取り付けて現在の姿になっています。

ガンダムヴァインは武装配置をヴェルデバスター、カラーリングはヘイルバスターを参考にしています。そのため、ガンダムヴァピューラと並べた時に対照的な色合いになったのは嬉しい誤算でした。

The next gundam frame is...
(画像は製作途中時のものです。完成時とは多少姿が変わる可能性があります。)

次のガンダムフレームは義賊団マグノリア二体目のガンダムフレームになります。

どのような機体なのか、どのようなパイロットとなるのか、乞うご期待!

最後までご覧いただきありがとうございました!

ガンダムフレーム ガンプラ化計画 第二弾 「漆黒の襲撃者」

コメント10件

  1. ぐりむ 2か月前
    • Allie Violet 2か月前
  2. ヒツジ 3か月前
    • Allie Violet 3か月前
  3. kou 3か月前
    • Allie Violet 3か月前
  4. ta-zu 3か月前
    • Allie Violet 3か月前
  5. マッシブ♪ 3か月前
    • Allie Violet 3か月前