GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

Nf-00 ネフィリム
rating_starrating_star19
  • 654
  • rating_star19
  • 6

Nf-00 ネフィリム

もしも厄祭戦でモビルスーツの祖先がいたらという設定を考えて製作しましたm(__)m
以下設定です
設定
厄祭戦前期、MAの殺戮により人々は対抗する術を考案していた、それは人が機械に乗りMAに対抗する事であったが、自動化の思想が抜けきれず人が乗るにはオーバースペックの機体が完成した、しかし機体に人間の脳を直結させ、補助AIの設置、ナノマシンを使用する事により稼働が可能になった開発に使われた脳は既に亡くなった人間のものである、MSが出来るまでの繋ぎの為10機ロールアウトされたそうだ、少数だが1機のみでも戦闘能力は高くMA10機を堕とすほどの実力を持っていたネフィリムの活躍は長く続くものではなかった……

ネフィリムは、聖書に登場する人間と天使の間に産まれた巨人でそこから名前を取りましたm(__)m

ネフィリム
厄祭戦前期にロールアウトされた無人MS
MAと違い「人間を殺す」ではなく「人間を守る」ことをプログラムされており人の脳を使用した理由は「同族を殺さない」ことと「人間に近い動き」を取り入れるためだという補助AIで制御しナノマシンの投与によりネフィリムは人間に近い動き思考を実現した
この技術は応用され後の「アラヤシキ」になったという説が出たそうだ

背後
ネフィリムはエイハブリアクターを三基搭載されており高出力で長期出撃にも長けていた、だがMAのように、自己修理・補給はできないためネフィリム自身が判断をし拠点に戻るそうだ他にナノマシン生成と脳の培養液はバックパックのリアクターが役割を果たしているため、バックパックからチューブが出てる理由である

ヒートクロー
クローに高温を発生させ、ナノラミネートアーマーを焼き切る武装クローに使われている特殊合金のおかげで熱伝達がよくすぐに冷却できる代物「ロストテクノロジー」

ハックハンド
MAや武装系統をハッキングを行い、プルーマの進行ルートの変更、MAの武装を使用可能にし己の武器とするシステム
「ロストテクノロジー」
このシステムが仇になり人類が不利になることは誰も知らなかった……

γナノラミネートエッジ
γナノラミネートソードの祖先、ナノラミネート反応をおこし破壊する代物、ネフィリムのメイン武装「ロストテクノロジー」

プロト・ハンターエッジ
柔軟な動きをするネフィリムの戦闘スタイルに合わせた武装ハンターエッジを展開させ、かかと落としをMAに食らわせたそうだ後のガンダム・ヴィダールに流用された技術

サイズ比較
漏洩をモデルに立たせると少し大きめです

初期段階
武器で槍を持たせたりしてみましたがなんだかしっくりきませんでした、試行錯誤を繰り返し今の形にいたりますm(__)m

ここから設定ストーリー生暖かい目でご覧下さい

MAは学習しネフィリムを破壊する方法を見つけた……それはネフィリムのハッキング能力を真似てウィルスを生成、弾頭に組み込んだその名は「聖杭」着弾するとネフィリムの補助AIのプログラムを書き換え脳を殺し暴走を起こすか、または自己破壊をしてしまうネフィリムのうち5機が暴走を引き起こしその後自己破壊したそうだ
残り5機となったため2機は地球にもう2機は月に残り一機は火星に派遣された、
だがMSの完成まであとわずかであったしかしどこまでネフィリム達は持つのだろうか……

火星に派遣されたネフィリムはたった一機でMA討伐をしていたなぜ一機だけなのか?それは地球と月は激戦区であり火星はまだMAは少なかった、人々からはいつ暴走するかわからない不安があった、しまいには追い出そうとするデモまで起きた、だがネフィリムは火星から離れようとしなかった。

現状は安定してきた、地球のネフィリム2機は破壊されたが、ようやくMSが完成した
ガンダムフレーム・ヴァルキュリアフレーム・ロディフレームが地球と月に配備された月のネフィリムは2機とも「聖杭」を受け暴走したがガンダムフレームに討たれたそうだ。

だが火星にはまだMSが配備されていなかった、少なかったはずのMAは大群になり当時のクリュセに進行を始めただが戦力はネフィリムたった一機であった、クリュセの避難勧告の放送にノイズ混じりで「ボクガ……ミン…ナヲ…マモ…ルカラ……」と言葉が聞こえたそれは誰のモノか不明であった、
ネフィリムは戦った、人間を守るために……
数は減っていったがMAから「聖杭」を食らったがなんとそのネフィリムだけ効かなかった…原因は不明であった

長期の戦闘が続きネフィリム自体もダメージが蓄積した、それでも戦い続けた腕が引きちぎれようと、脚が壊されても彼は戦うことを辞めなかった、まるで大切なモノを守る人間のように見えた……自我を持ったようにも見えた、しかし稼働限界が近づきネフィリムは停止しかけた咆哮を上げたその咆哮は悲痛と悲しみを感じた、己の無力さに……その時、ガンダムフレームが現れメイスを振りかざしMAを倒していったそしてMAの進行を食い止めた
「今まで俺達を守ってくれてありがとう
ゆっくり休んでくれ……これからは俺達
人間で守る……」
パイロットがネフィリムに通信をいれた
その後「アリガ……トウ……バルバトス……」
通信が入ったあとネフィリムは息を引き取るように機能を停止した……

その後、ガンダムフレームは72機になり、様々なMSが開発されMAが駆逐されていった、ギャラルホルンはネフィリムについては「負の遺産」「汚点」と言われ残骸は回収され秘密裏に廃棄された……だが火星のネフィリムはクリュセの住民によって秘密裏で保管したそうだ、たった一機でMAの大群に立ち向かいクリュセを守ってくれた廃棄するとネフィリムが報われない……そして伝承を作り現代まで語り継がれたそうだ「心優しい鉄の巨人」というおとぎ話で発案者は当時のガンダム・バルバトスのパイロットであった……

ネフィリムの閲覧ありがとうございます
文章が下手くそですが日々精進いたしますm(__)mあと作品もクオリティを上げていきたいと思います

モビルスーツの先祖を考えるのは難しかったですm(__)m

コメント6件

  1. サーダナMk-Ⅱ 1週間前
    • カルシウムボンバー 1週間前
  2. マッシブ♪ 1週間前
    • カルシウムボンバー 1週間前
  3. ジーク 1週間前
    • カルシウムボンバー 1週間前