GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ASW-G-31 ガンダムフォラス(第3形態・最終決戦仕様))
rating_starrating_star24
  • 557
  • rating_star24
  • 8

ASW-G-31 ガンダムフォラス(第3形態・最終決戦仕様))

ガンダムフレームガンプラ計画が締め切りということで仕上げました。
またラストということで妄想設定が長めなのでご了承くださいww

〜以下設定〜

ガンダムフォラスの第3形態であり、最終決戦仕様でもある。全体的に重装備で覆われており、可能な限りの火力、防御力の向上を実現しているが、真の目的はバックパックに接続されている特殊兵器の使用を目的としたものである。パイロットの「トール・エンクルス」と共に、宿敵ガンダムロノウェとの決戦に備えた決戦兵器は、民間企業「リーゼ・アルムス」の会長から贈渡されたものだった。

〜回想〜
リーゼ・アルムス会長から呼び出されたトールは会長室に入った。
ト「失礼します。」
会長「おお、よう来てくれたな。」
ト「現在、敵海賊組織の所在が火星にあることを突き詰め、次の攻撃に備えている中ですが、今日はどのような?」
会長「聞いておるぞ。故に今日はお前の真意を問うために呼んだ。」
ト「真意、ですか?」
会長「まあ、ついてきたまえ。」
会長は椅子から立つと本棚から一冊を引いた。すると床が機械音を出しながら開き、階段が現れた。
会長「いいセンスだろ?私の趣味だ」
仕掛けは会長の趣味によるもののようだ。
そのまま二人が階段を降りると長い廊下があり、肌寒い空気が流れている。
ト「(こんな廊下が空間があったとは!)」
しばらく歩くと、巨大な鉄の扉が現れた。
会長がパネルにコードを入力すると、扉が開き、暗い空間が広がっていた。数歩歩くと立ち止まり、照明が灯ると、そこには「巨大な腕」があった。
ト「こ、これはいったいッ」
会長「40年前、私が、私たちがかつて「リーゼ」という傭兵組織を営んでいたとき、
地球の辺境から掘り起こされた(そいつ)は周辺の田舎町を手当たり次第に破壊して回った。理由は分からん。いや、理由などないような感じだった。ギャラルホルンと協力して討伐を行っていたが、虫を潰すようにこの腕に仲間達は潰されていった。1ヶ月くらい掛けてようやく鉄の槍にまみれてそいつは動かなくなった。しかし、私と巨大な腕意外、なにもなくなってしまった。」
ト「‥‥」
会長「それから数年後、宇宙でお前を見つけた。戦いしか知らず、戦いの中で何かを掴もうとしているお前がな。トール、あれから何か掴めたか?」
ト「‥‥」
会長「もし、何かを掴みたいならこの腕を与える。力ずくで掴む腕だ。使いこなし、そのなかで見つけるといい、戦いの意味を」
ト「戦いの、意味。」

全体像
腰に取り付けられたミサイルポッドはバックパックに移設。胸部にも増加装甲が取り付けられ、脚部は大型化、スラスターも内蔵する。

「ヒン・リヒテン・アルムス」
量産型MAのうちの一機、その腕と思われる、MSを越える大きさのアーム。内部にサブリアクターを備えている。これは単体では機能せず、外部からエイハブリアクターによるエネルギー供給を受けることで起動、そのエネルギーを増大させて駆動出力とすることで爆発的な威力を誇る。リアクターという性質上、エイハブウェーブを発生させるが、これがMAに近い波形を持つため、ガンダムフレームのリミッターにも影響し、完全解除とはいかないものの、出力を向上させる。

〜以下妄想劇場〜

火星に降り立ち、海賊組織プリュンデラーのMS隊と邂逅、ガンダムロノウェとパイロットの「ニービル」の姿を確認する。
ト「各機各個撃破。ガンダムは‥‥俺がやる。」
ニ「来たか、ガンダムフレーム。(?見慣れない装備がついてやがるな)」
すると脇にいたしたっぱの駆るヘキサフレーム機が飛び出してきた。
し「お頭が出ることはねぇぜ、こんなデカブツ振り回せるわけがry/

つまみ上げられたヘキサフレームは鉄屑となっていた。
ニ「見掛け倒し、てわけじゃねぇらしいな」
ト「ニービル・クランツェ、どうやって牢を出たかは知らんが、もう一度ぶちこむまでだ。」

ニ「いってくれるじゃねぇか、おもしれぇ」
ガンダムロノウェは装甲を展開、強制排熱状態となる。

二機の激突。常軌を逸した機動力を見せつけるロノウェに対し、フォラスの一撃はカスることが許されない威力で地形を変え続ける。互角の戦いの中、互いに力を込める動作を見せる。

酷使したアームはジョイントに対して繰り出された攻撃を受け、機体から離れた場所に落ちた。対してロノウェは肩部装甲を損傷しダメージを受けながらも、サブウェポンのアサルトクローを展開する。

その様子を見て、フォラスはバックパック
をパージした。
互いに次が最後の一撃だと悟る。

互いの一撃が繰り出されるが、




鈍い音が響いたのだった。

ニ「くそがぁ、まだ、まだ終わって、」
その様子を見たしたっぱは破損したロノウェの装甲を回収しながら、ロノウェを抱えて脱出していくのだった。
以降海賊組織プリュンデラーは母艦ごと暗礁宙域に入った後、しばらく姿を見せることなく、被害報告も上がっていない。

ガンダムフレームガンプラ計画、お疲れ様でした!

コメント8件

  1. ヒツジ 2週間前
    • マッシブ♪ 2週間前
  2. カルシウムボンバー 2週間前
    • マッシブ♪ 2週間前
  3. メロン 2週間前
    • マッシブ♪ 2週間前
  4. ジークのガンプラ改造工場(地球支部) 2週間前
    • マッシブ♪ 2週間前