GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ASW-G-45 ガンダム・ヴィネア
rating_starrating_star0
  • 399
  • rating_star0
  • 0

ASW-G-45 ガンダム・ヴィネア

ガンダムフレーム機の一つにして、45番目の悪魔「ヴィネア」の名を冠する機体。

ギャラルホルンが保有しているガンダムフレーム機の一つであり、高い機動力と重火力によって敵を翻弄、撃破する攻撃特化をコンセプトとして活躍した。
300年を経た現在では、かつての主の子孫であるバクラザン家(現セブンスターズ)が擁する機体の一つとして、ヴィーンゴールヴの地下に格納されていた。

しかしP.D326年、ギャラルホルン、月外縁軌道統合艦隊(アリアンロッド艦隊)に属するパイロット、ディートリヒ・バクラザン一尉の要望に伴って、300年の時を経て再び戦場に降臨することになる。

厄災戦時は上記のコンセプトに加えてダインスレイヴの運用も併用して行っていた模様で、専用に製造されたダインスレイヴ・カノン砲も現存している。しかし現在はダインスレイヴが禁止兵器に指定されているため、新造されたガトリング砲を搭載して火力を維持している。
また、当初の配色は黒褐色を基調としたものであったが、ディートリヒがアリアンロッド艦隊に属している事もあり、彼の要望でアリアンロッド伝統のエメラルドグリーン系カラーに変更。加えて、左利きである彼に合わせて本機も「左利き」仕様に調整されている。

最大の特徴は額に内蔵された特殊狙撃仕様カメラアイ「リュンケウス」。
本来この装備は同じく厄災戦時に活躍した「ガンダム・レラージュ」の専用装備であったが、レラージュが失われたために僚機であるヴィネアに受け継がれたものである。

パイロット

ディートリヒ・バクラザン
25歳
月外縁軌道統合艦隊 一尉

セブンスターズの一家門であるバクラザン家の軍人
本来はバクラザン家の庇護下にあった下級貴族の出であるが、実家が取り潰しにあった際に保護され、同家に迎えられた(これについては当主であるネモ・バクラザン翁が同セブンスターズのラスタル・エリオンに相談し、裁可を得ている)
後に自ら軍に志願し、最新鋭機レギンレイズを運用する実力派パイロットとなるが、同時期にとある宇宙海賊が擁するガンダムフレーム機と幾度となく交戦する様になる。
それに対抗して、自らもヴィーンゴールヴに眠っていたガンダム・ヴィネアを戦力として投入した。

銃による戦いを得意とし、とりわけ狙撃には天性の才能を有している。
また、左利きであるため、自分の機体は常にそれが反映される様に自ら調整している。

生真面目な性格で、貴族でありながら一兵卒からの叩き上げで登りつつある人物。但し現場の苦労を知るが故に、他の貴族出身の将校に対してはときに辛辣な毒舌家となって和を乱してしまう。
また、ギャラルホルン、ひいては自分を拾ってくれたバクラザン家を誇りに思っており、真に大事な約定については家紋に描かれるグリンカムビの名にかけて誓う癖がある。

武装

ブレードライフル: 携行する炸薬式ライフル銃。射撃武装だが先端に剣を装備し、近接戦に対応出来る仕様となっている

5連装ミサイルポッド: 対艦攻撃をはじめ、大型目標への攻撃に使用される武装。炸裂弾頭から対艦ナパーム弾頭、トリモチ弾頭まで、搭載できるものは多岐に渡る

ガトリング砲: 右側に搭載されたガトリング砲ユニット。ナノラミネートアーマーには効果は薄いが、1分間に数百発の弾丸を吐き出すため、牽制や至近距離の迎撃には高い効果を発揮する

特殊狙撃仕様カメラアイ「リュンケウス」展開時

搭載した火器と連動して標的を捕捉。これに狙撃を得意とするディートリヒの射撃センスと動体視力が加わり、各武器の命中率は非常に高いものとなる。

ダインスレイヴ・カノン及びレアアロイ製特殊弾頭

厄災戦時は専ら対モビルアーマー戦に重きを置いており、敵のナノラミネートアーマーを突破出来るダインスレイヴの搭載は必須であった。
弾頭は小型化して貫通力を向上させた代物だが、一度に3発しか装填出来ないという欠点もあった。
しかしこの装備と上述の「リュンケウス」によってヴィネアは多数のモビルアーマーを喰っており、現在バクラザン家が擁するガンダムの中では最も撃墜数が多い機体と言われている。

ダインスレイヴ・カノン装備形態

本来ならダインスレイヴは禁忌であるが、装備した時には最大無比の矢となって敵を貫く最強の形態となる。
名前の由来となった「ヴィネア」が城壁の破壊を暗示する悪魔であることを暗示したかの如き武装であり、通常弾頭でもツインリアクターの恩恵によって強大な破壊力を誇る。

上半身アップ

頭部はケルディムガンダムをベースにジム改のパーツでディテールアップ
体幹部分はグシオンリベイクを流用し、肩はグレイズ改から流用しました

背後

バックユニットはリベイクとアサルトシュラウドを組み合わせました。
背中の武装やアタッチメントはいずれもビルドカスタム系から流用しています。

ブレードライフル

紅ウェポンからの流用です。
ヴィネア唯一の近接武装ですが、テイワズ系の技術で新造された試作品で、グレイズのアックスより頑丈…という設定を意識しております

オマケ

「ーーーーこのグリンカムビの紋章に誓って、俺は戦う。ギャラルホルンの一員として、バクラザン家の者として……そして俺自身の意志として‼︎」

グシオンリベイクをベースに、ケルディムガンダムの頭部等で組み上げました。 初投稿ですが、温かい目で見守っていただけたら何よりです…

コメント0件