GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ガンダム・サルガタナス
rating_starrating_star64
  • 1957
  • rating_star64
  • 8

ガンダム・サルガタナス

ASW-G-[VXS] ガンダム・サルガタナス。本機はソロモン72柱の悪魔に因んで生産されたガンダム・フレームにはない悪魔の名前を冠したガンダムタイプであり、フレーム構造やリアクター出力もガンダム・フレームと全く同じ物が用いられているMSである。

ガンダム・フレームの製造記録は確かに72機目の「ガンダム・アンドロマリウス」を最後に途絶えており、厄祭戦から300年以上もの年月が経過した現在ではフレームの製造技術もロストテクノロジー化していることから新造されたガンダムであるという線は否定されており、有識者はマクギリス・ファリド事件以前にガエリオ・ボードウィン卿がヴィダールと名を偽っていた際に使用していた「ガンダム・キマリス」の偽装形態であるガンダム・ヴィダール同様に既存のガンダムフレーム機に何らかの偽装を施した機体であると目しているが、詳細は不明である。

しかし、本機のメンテナンスに関わった人間からはリアクターに直接の偽装が施されたり三基目のリアクターの存在は確認されていないという証言も得られており、それが混乱に拍車をかけている。

出自こそ不明な本機であるが、ギャラルホルンの名家に繋がる盲目の令嬢に雇われたパイロットである傭兵の元マクギリス・ファリド事件から数年の時を経て再び混迷の渦に巻き込まれた圏外圏において違法採掘を行う宇宙海賊の討伐や暴徒化したカルト教団の鎮圧及び過剰な開発拡大により再び目覚めたMAの撃退任務など治安維持のための戦力として大きく寄与しており、雇い主である令嬢と繋がりを持つ火星支部もこうした功績を鑑みて傭兵個人及び本機の出自に対する深い追求は行われていない……という設定の元、鉄血のオルフェンズシリーズ及び実弾装備限定のキットのみ参加可能な厄祭戦をモチーフにしたレイドバトルにエントリーすべく製作されたガンプラである。

正面。本機の名称の由来となった悪魔であるサルガタナスはアスタロトの配下であり、主にアスタロト系のキットからパーツが組み合わされていることに因んで名付けられた。

X字状に配置された4基のブースト・アーマーはそれぞれ向きを変えることで推進ベクトルを操作し、高い機動性能を発揮する。モチーフとなったのは当然クロスボーン・ガンダムである。

MS用サブマシンガン。極めて汎用的な市販品であり、ロディ・フレームやヘキサ・フレームといった傭兵や宇宙海賊でも手に入れやすいMSに合わせて製作された共通規格品である。ベストセラーであるが故に動作に対する信頼性も高いことが最大の強みである。

MS用ロングライフル。主にヘキサ・フレーム「ユーゴー」が用いていた標準規格品であり、特筆するような性能はないものの高くまとまったベストセラー品である。本機のパイロットである傭兵は武装、とりわけ射撃武装に関しては調達の利便性と整備の簡便性を重視しているが、金銭事情の厳しい圏外圏で傭兵業を営む人間に限っては特段珍しいことでもない。

MS用レールガン。テイワズがガンダム・フレーム用に開発した装備であり、威力に関してはギャラルホルンの正式採用機であるレギンレイズ用に開発されたものを上回っている。尚本装備は令嬢に雇われてから導入されたものであり、金銭事情の厳しかったパイロットはほぼ永世的な雇われの身となった今でも使用をケチっている。

MS用アサルトナイフ。普段はブースト・アーマー内に格納されており、密着状態における本来の使用法に限らず投擲やブースト・アーマーから射出しての不意打ちなど様々な用途に用いられる優秀なサブウェポンであるが、投擲後は回収が望めないため金銭事情に優しくないのがパイロットにとっては目下の悩みであった。

バスタード・ソード。市販品を愛用している本機のパイロットにとっては例外的な特注品だが、刃に当たる部分にはヘキサ・フレーム用のバスタードソードが流用されており、なるべく出費を抑えようとする傭兵の涙ぐましい努力が垣間見られる。しかし、特注の甲斐あって推力を全て直進に集中させて本装備を振るった場合の威力はハーフビーク級のブリッジすら容易に破壊しうるほどの逸品に仕上がっている。

守銭奴の気があるパイロットが特注してでも本装備を採用したのは、元々のヘキサ・フレーム用バスタードソードでは本機の特徴である大推力を活かした突撃戦法によって生じたインパクトに柄が耐えきれずへし折れてしまったためである。そのため柄の補強及び剣自体をより大型化することで質量を増加させ、威力を底上げすべくその筋では有名な闇市場の武器商人へと制作を依頼したのである。結果として既存の装備を流用したのにも関わらず非常に高くついたことは言うまでもない。

デモリッション・ナイフ。「ガンダム・アスタロト」が使用していたもののレプリカであり、火星圏で再びMAが起動したという報を受け、義勇軍に参加していたロディ・フレームのカスタム機を駆る傭兵から譲渡されたものである。「サルガタナス」は既に大型剣を持っているだけでなく、本装備も「アスタロト」の運用で発覚した折りたたみ式ゆえの脆弱性や不使用時は腰部にマウントするため、射撃武装の保持で両手が塞がるなどの問題を抱えているが、それでも譲渡されたのは後述の理由に起因している。

対MA用大型バスタードソード。デモリッション・ナイフと本機が元々装備していたバスタード・ソードを合体させた規格外の大型剣であり、その質量はガンダム・フレームの出力を以ってしても尚持て余すほどに大きい。

合体機能はデモリッション・ナイフの持ち主であるロディ・フレームとの共同作戦中に偶然発見されたものであり、元々想定されていたものかどうかは不明。しかし、これならいかに強大なMAでも「殺しきれる」という確信から第二次クリュセ防衛戦において切り札として投入され、ガンダム・フレームの最大出力と共に振るわれたそれは再び天使の名を冠するMAを地に落とすことに成功したのである。

サフ前。長々と失礼しました。ベースが何なのかはっきりと言えないくらい色々混ざってるんで別な名前付けたりしましたが基本はアスタロト系キット混ぜたもので今回も例によってヴィクセリオス風味です。

初めて文字入れアプリ導入してみました。何卒お手柔らかにお願いします。

コメント8件

  1. ヒツジ 1週間前
    • 守次 奏 1週間前
  2. アデスの木の枝 1週間前
    • 守次 奏 1週間前
  3. @Synth_Follower 1週間前
    • 守次 奏 1週間前
  4. K Yama 1週間前
    • 守次 奏 1週間前