GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

パワードジム・ウィリー
rating_starrating_star60
  • 1545
  • rating_star60
  • 6

パワードジム・ウィリー

[パワードジム・ウィリー]コンテスト開始日には間に合いませんでしたが、なんとか完成しました!
パワードジムカーディガンをベースに、アドバンスドヘイズル、ジムスナイパーk9などをミキシングしました。自分がガンプラバトルに出るとしたら、とイメージした俺専用ジムなので、好きな機体の特に好きな部分を混ぜてみました!(笑)
名前は、部隊のマークがシャチなので、映画フリーウィリーからウィリーの名前をいただきました。
下の写真に機体設定も書いていますが、実はこういう設定で作ったガンプラバトル用のガンプラという設定です(笑)

パワードジム・ウィリー
メインパイロット:オルグ・メルタル
一年戦争終結後に設立された、連邦軍技術開発試験隊にて開発、運用試験が行われた機体。

もともとGPシリーズのガンダム開発計画での装備評価用に開発されたパワードジムをベースとしており、脚部スラスターの強化やパックパックの拡張性が強化されている他、頭部は長距離狙撃用兵器の運用試験のため、ジムスナイパー2のものを流用している。

後に、ティターンズにおいて本機の運用試験データがヘイズル系統のMS開発に活用された他、本機自体も改修を重ねながら実戦配備された。
T3部隊所属第482技術試験隊オルグ小隊、通称グレーオルカ隊にて運用され、グリプス戦役にも投入された記録が残る。

[ジャグリングオルカ]
メインパイロット:ノーファル・オルコック
ジムジャグラーの設計思想を発展させた有人支援機。AIにより自律行動するガンポッドを4基装備し擬似的なオールレンジ攻撃を行う。

パワードジム・ウィリーのバックパックに接続することも可能。この状態だと支援機パイロットはレーザー通信によるAIへの指示に集中できる。

戦闘中イメージ。
バイザー下ろして狙撃!
フルドドⅡは腕や顔の動きに干渉しないように逃がせます。

戦闘中イメージ。
サブアームはロマン……!
保持力もそれなりにあり、ビームライフルくらいなら余裕で持てます。

[追加武装]プロト・ギガンティックアーム。
ギガンティックアームの技術検証のために製造された試作タイプで、ジオン系の技術が用いられている。

戦闘中イメージ。
マニュピレーター部は5連装メガ粒子砲であるため、砲戦での運用が効果的である。

戦闘中イメージ。
試験的にサイコミュ技術が採用されており、前腕部は有線サイコミュ兵器として運用可能。

戦闘中イメージ。
ジャグリングオルカのポットも射出してのオールレンジ攻撃。
有線サイコミュ特有の欠点として分離中は本体の機動性は制限されてしまう。

GIFをつかってコマドリに挑戦してみました!
有線サイコミュ射出イメージです。

全オプションです。

足に取り付けるブースターは取り外しで塗装がはげそうだったので、足首から先ごと取り替える方式です。

白背景に挑戦してみたくて、ありもので撮影ブースを自作してみました。

売ってるものほどではないですが、なかなか写真が撮りやすくできて満足してます^^

最後まで見てくださってありがとうございました!

よかったら投票していってください^^

ビルドファイターズトライコンテスト・第5位

感想などいただけると飛び跳ねて喜びます!(笑)

コメント6件

  1. かーず 1年前
    • @Maru_Iruka 1年前
  2. marion 1年前
    • @Maru_Iruka 1年前
  3. @Maru_Iruka 1年前
  4. みかん@模型ビギナー 1年前