GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

EB-06ks ケーニヒスグレイズ
  • 343
  • rating_star0
  • 0

EB-06ks ケーニヒスグレイズ

厄災戦から300年。かつての勢いは失ったものの、厄災戦以前の技術の維持に努めたオレサマ王国は
ギャラルホルンに対しても一定の発言力を持つ国家として存続していた。
本機は王国に数百年受け継がれてきた国王専用MSの系譜の末裔である。

本機はギャラルホルンの主力MSである傑作機「グレイズ」をベースに全体的な性能の底上げが図られた特別仕様機である。
特別に製造された高価な出力増強型Aリアクターを搭載しており、よりグレードの高いデータバスやサーボモータとの組み合わせにより通常仕様のグレイズを大きく上回るトルクや動作速度・動作精度を達成している。

というわけで、オルフェンズの世界における「強いMS」を比較的真面目に考えて作ってみました。
背中に手持ち武装をたくさん背負って使い分けるっていうの、ずっとやってみたかったんですよ。重くてすぐに仰け反ってしまうのは失敗だったけど……

国王専用機の伝統に則り、本機は操縦士とWSOの2人が搭乗する複座機となっている。国王が搭乗する際はWSOを務め、操縦は若手のエースに任せるのが伝統的な慣習となっているが、操縦士のみでも戦闘は十分可能。
複座化に伴うコクピットの拡大とパイロット保護のための装甲厚増加によって胸部装甲ブロックは大型化した。
側頭部には王立防衛技研にてグレイズ用追加装備として開発されたガンパックユニットが増設されている。
上部には近接防御用40mmCTA機関砲と弾倉を収めており、弾薬はAPDSと3P弾が選択可能。下部には追加弾薬の他にレーザー測距/目標指示器が収納でき、射撃精度向上及び攻撃指示に寄与する。
頭部の角はアンテナ兼ワイヤーカッター兼ガンパックのカウンターウエイトである。

国王専用機の伝統に則り、本機は操縦士とWSOの2人が搭乗する複座機となっている。国王が搭乗する際はWSOを務め、操縦は若手のエースに任せるのが伝統的な慣習となっているが、操縦士のみでも戦闘は十分可能。
複座化に伴うコクピットの拡大とパイロット保護のための装甲厚増加によって胸部装甲ブロックは大型化した。
側頭部には王立防衛技研にてグレイズ用追加装備として開発されたガンパックユニットが増設されている。
上部には近接防御用40mmCTA機関砲と弾倉を収めており、弾薬はAPDSと3P弾が選択可能。下部には追加弾薬の他にレーザー測距/目標指示器が収納でき、射撃精度向上及び攻撃指示に寄与する。
頭部の角はアンテナ兼ワイヤーカッター兼ガンパックのカウンターウエイトである。

M.A.R.S(Multi Armament Rack & Stabilizer)ユニットは本機のために開発された兵装担架装置である。MS用の様々な兵装を保持でき、種類によっては担架した状態での射撃も可能。

M.A.R.S(Multi Armament Rack & Stabilizer)ユニットは本機のために開発された兵装担架装置である。MS用の様々な兵装を保持でき、種類によっては担架した状態での射撃も可能。

腕部への受け渡しは上方・下方どちらからでも可能。

腕部への受け渡しは上方・下方どちらからでも可能。

M.A.R.Sユニットは兵装担架アームとは別にMS用防盾保持アームを持つ。このアームと防盾は左右にスライドするカウンターウエイトとしても機能し、担架兵装の脱着・投棄に伴う左右重心変動を補正する。

M.A.R.Sユニットは兵装担架アームとは別にMS用防盾保持アームを持つ。このアームと防盾は左右にスライドするカウンターウエイトとしても機能し、担架兵装の脱着・投棄に伴う左右重心変動を補正する。

兵装フル装備状態。
戦闘において単機でこれほど多くの兵装を使用することは稀で、実際には兵装試験任務の際に運搬と交換の手間を省くために用いられることが主。
しかし、重要な演習や特殊な状況での実戦において、決戦装備として使用された事例がある。

兵装フル装備状態。
戦闘において単機でこれほど多くの兵装を使用することは稀で、実際には兵装試験任務の際に運搬と交換の手間を省くために用いられることが主。
しかし、重要な演習や特殊な状況での実戦において、決戦装備として使用された事例がある。

ACC(Automatic Cross Combat)モード:
過去のMS格闘戦事例や様々な格闘技のデータを元にメイン演算ユニットが最適な挙動で戦闘を自動的に行う。人間を制御に介在させないことで阿頼耶識システム搭載機の反応速度に対抗することを目的としたシステムであり、厄災戦以後300年に渡る研究を元に開発された、王国の有するMS技術の中でもトップシークレットの技術である。

頭部センサーアレイにはブラックライトで光る紫外線発光塗料を使用してみました。

ACC(Automatic Cross Combat)モード:
過去のMS格闘戦事例や様々な格闘技のデータを元にメイン演算ユニットが最適な挙動で戦闘を自動的に行う。人間を制御に介在させないことで阿頼耶識システム搭載機の反応速度に対抗することを目的としたシステムであり、厄災戦以後300年に渡る研究を元に開発された、王国の有するMS技術の中でもトップシークレットの技術である。

頭部センサーアレイにはブラックライトで光る紫外線発光塗料を使用してみました。

各種射撃兵装

各種射撃兵装

各種格闘兵装

各種格闘兵装

塗装前

塗装前

フル装備形態の塗装前 M.A.R.SユニットはMSGエクシードバインダーのスライド保持アームとHGBCスカルウエポンの保持ハンドをグレイズ改のバックパックに接続したものを骨格にしています。

フル装備形態の塗装前 M.A.R.SユニットはMSGエクシードバインダーのスライド保持アームとHGBCスカルウエポンの保持ハンドをグレイズ改のバックパックに接続したものを骨格にしています。

ライフル2種

ライフル2種

大型ブレード 刃の部分はWAVEの鋭角断面の三角プラ棒を貼りあわせ、正三角柱にしたものをプラ板製の刀身に貼り付けて製作しています。バトルアックスの刃も同様です。

大型ブレード 刃の部分はWAVEの鋭角断面の三角プラ棒を貼りあわせ、正三角柱にしたものをプラ板製の刀身に貼り付けて製作しています。バトルアックスの刃も同様です。

コメント0件