ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントをお持ちの方はこちら会員登録
ASW-G-12 ガンダムシトリー(全7形態) & グリフォン
n_s2tl
ASW-G-12 ガンダムシトリー(全7形態) & グリフォン A、ガンダムシトリープレーン
肩、腕、腰、背中のハードポイントに何も装備していない形態。グレイズや百錬を凌ぐパワーは有するが、この形態はベースであり、基本的にこのまま出撃することはない。
メイン武器のストリップシザーズは、槍として使用する以外にも、敵の関節や装甲を切り落とす、機体を拘束するという使用目的がある。四肢や頭部を切り落とし、敵を拘束するという、パイロットの性格に適した武器である。
シールドには、センサーカメラが付属しており、熱、音波、赤外線による索敵が可能。パイロットの性格上、あまり使用されない。 B、ガンダムシトリーコンバット
ガンダムシトリー第2の形態。
腕と腰のハードポイントに、オプションを装備した形態。通常の戦闘形態となる。通常、両腕のナックルによる格闘戦を得意としている。右腕のナックルは、電撃武器であり、敵の電気系統を破壊し、敵パイロットへの電気ショックの効果を持つ。左腕のナックルは、通常の装甲よりも硬く重い金属で作られている。その重量と硬度により、敵の装甲を破壊し、パイロットへの強い衝撃を与える。これらも、パイロットの性格に合わせた装備であり、パイロットへの直接的なダメージと、無力化を目的としている。
戦闘場面や搭乗者に合わせて、手持ち武装を変更し、多様な局面に対応することも可能。 C、ガンダムシトリーウィアード
ガンダムシトリー第3の形態。
コンバット形態の右肩に3本のアーム(ケルベロスアーム)を装備し、左肩には左半身を覆うシールドアーマーを装備した形態。その異形の姿は、敵を畏怖させる。ケルベロスアームは、通常の人間には存在しえない複数の腕を操作するため、阿頼耶識への高い適性が求められる。適性が低いパイロットの場合、ウエポンラックとしての機能しか果たさない。 D、ガンダムシトリーアサルト
ガンダムシトリー第4の形態。
ウィアード形態で、ケルベロスアームの前部1本と、左肩後方のシールドを入れ替えて装備。
腕部200ミリ砲を新たに装備。
前面にシールドアーマーを展開し、敵の群れに突撃していく形態。
正面に展開した敵軍に対して、真価を発揮する。後方の防御が甘いが、回り込まれる前に敵を破壊する。
やはり、阿頼耶識への高い適性が求められる。 E、ガンダムシトリーフルーク
ガンダムシトリー第5の形態。
プレーン形態に、パージされたグリフォンのパーツを装備した飛行戦闘形態。
戦闘力としては、コンバットと同程度である。コンバットが地上における近接戦闘を得意とするのに対して、フルークは空中における射撃戦闘を得意とする。
グリフォンの基部のエネルギー砲を構えることも可能。 F、ガンダムシトリーグライフ
ガンダムシトリー第6の形態。
変形したグリフォンを背中に装備した航空航宙高起動戦闘形態。グリフォンのリアクターが追加されるため、フルーク以上の機動性を有する。正に殺人的な加速である。グリフォン自体の質量があるため、地上での戦闘にはあまり向かない。
この形態にケルベロスアームとシールドアーマーを装備することも可能(ただし、シールドとウイングが干渉するので、左腕は動かせなくなる) G、ガンダムシトリーライカンスロープ
ガンダムシトリー第7の形態。
アサルト形態にグリフォンを合体し、変形した獣人形態。これこそが、ガンダムシトリー本来の姿であり、その名の所以である。高い戦闘力と引き換えに、非常に高い阿頼耶識適性が求められる上、パイロットへの負担も大きい。しかし、リミッターなどは設定されておらず、適性が充たない場合、パイロットが絶命するまで暴走しかねない。背中のエネルギー砲も合体したまま使用可能である。 支援機、グリフォン
ガンダムシトリーと共に開発された支援機。スタビライザー、ブースター、ミサイルランチャー、シールドで構成されている。グリフォンの基部は、強力なエネルギー砲となり、エイハブリアクターのエネルギーを圧縮放出する。エネルギー砲は、一度しか撃てず、砲撃時の残りエネルギーで威力も変化する。 砲撃後は、エネルギーが0になるため、回収を待つしかない。(オルフェンズの世界観なので、ビームではなく、荷電プラズマなどのエネルギー砲という設定)

最終形態更新しました。各形態の方もよろしくお願いします。

コメントを書く

1/100スケールコンテスト
rating_star18 評価点
53 いいね
1446 views

ΔⅡ

主にミキシング&オリジナルカラーリング スプレー缶塗装で作ってます 機体の説明は、妄想設定が溢れてますw設定ありきで、組み立てます。 ぶきっちょアームなので、スジ彫りや接着剤...

Tags