GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ガンイージ試作量産モデル
rating_starrating_star2
  • 221
  • rating_star2
  • 0

ガンイージ試作量産モデル

どうも、2回目の投稿となります。

今回はF91の改造して出たときの余りパーツを使用して作りました、というのもF91の方に武装と左腕を両方にしたので右腕が余ってしまい…いっそ量産モデルで組んでしまおうと思った次第でございます。

フロントビュー

色彩に関してはガンイージの試作量産モデルという事でグリーン系を基調とし試作モデルなので暗めと明るめを配色。

脳内設定ではF91から次世代量産型をサナリィが考えて考案した小型MS、まず量産するにあたってデチューン箇所を考えた結果

全開作動を撤廃しそもそもの性能を落とし強制排熱を撤廃、そのため各部の排熱に必要なパーツを削減でき少しだけ軽くなるメリットを得る。

頭部はアンテナを撤廃、バイオセンサーが必要なくなったので不要と判断、ツインアイも撤廃しラインアイ状のカメラに変更。

腕部は左腕のビームシールドを撤廃、量産を考えた結果腕部で受けるより盾から受けた方が生存率が高いと判断され手持ち式に変更。 これにより破損したり機体のみ撃墜されても僚機が使用できる事が可能となった。

脚部複数のスラスターは複雑化による操作性に一般兵が対応出来なかったりもて余す事から一体大型化に変更、細かい動きはしにくいものの扱いやすさは上がったものと見られる。

武装はF91の一部装備のまま使用している
これには一般小型MSの火力を装備できているからであり量産型にヴェスバーは指揮官機(つまりF91などの次世代MS)にあれば不要と判断された。

機体にこの塗装を施したのはサナリィのカモフラージュであり、新機体を作るには開発費とテストと認可が必要で、連邦の目を欺くためにこの塗装をしてジオン残党軍をイメージさせこちらの足を掴ませないようにしていたのである。肩にあるFマークを消さないのはジオンに奪取されたがパイロットのイニシャルがFに関連するものでそのまま残された、というなんともこじつけな理由である。

強そうで弱々しい感じが出せているでしょうか?

コメント0件