GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

プルスツヴァイ
rating_starrating_star72
  • 964
  • rating_star72
  • 8

プルスツヴァイ

HGUCデルタプラスのオリジナル改造機「プルスツヴァイ」です。
いつもは劇中のイメージに添った無改造&キズ汚し仕上げのガンプラを作っていますが、今回は自分専用機として自由に手を加えてみました。
プルスツヴァイの名はドイツ語で「+2」を意味します。

まずは正面カット。
本体は基本的にHGUCデルタプラスのままです。
ノーマル機との違いは追加された武装類、ボリュームが増した上半身とバランスを取る為に膝アーマーをデルタカイの物に変更しました。
塗装に関してはいつもと違う感じにしようと汚し無しのキレイな仕上げにスプリッター迷彩でオシャレな仕上がりを狙いました。

続いて後ろから。
背面のウイングバインダーにはビルドウェポンの紅ウェポンに付属する連結式のライフルとガトリングをマウント。
接続には同じくビルドウェポンのパワードアームズパワーダー付属のサブアームを使用。

サブアームで接続されたライフル&ガトリングは脇の下をくぐり前面に展開可能。
本当は肩キャノンのようにも展開出来るんですが私個人がヴェスバー式展開の武器が好きなのでこんな感じに。

左右の火器はそれぞれライフルとガトリングに換装できるので両方ガトリングにした面制圧弾幕仕様にする事も。
武器類は明るさの違う2色のグレーに塗り分け印象を引き締めています。

主兵装はHGUCデルタカイのロングメガバスターをZプラスC1のビームスマートガン風に改造した物。
シールドにロングライフルを取り付けているのでなかなかの大きさ。

武装シルエットはZプラスC1、配色はハミングバードのスプリッター迷彩を参考にするなど、部分的にZプラス系のエッセンスをデルタプラスに取り入れています。

こちらがプルスツヴァイのWR形態。
機首に長物が来るので全長はかなり長いです。

最後は一番気に入っている下からの煽り。
自分なりに最もカッコいい機体を目指して制作した本機プルスツヴァイ、かなり満足の行く物になりました。

ここからは制作カット。
本来はユニコーンコンテスト参加の為デルタプラスをC1型にしようと制作を開始しました。
ただ仕事の合間に弄ってたら流れるようにタイムオーバー……

こちらがサフを吹いた状態。
この段階で「どうせ締め切り間に合わないから好きに作っちゃえ!」と方向性が変わりました。
本来ならZプラスC1になぞり背面にはプロペラントタンクを付ける所を「カッコいい」という理由で武装を追加する事に。

今回一番のオサレポイントは全身のスプリッター迷彩。
まずはスプリッター塗装を施したい所に使いたい色より明るめな色をスプレーやエアブラシで塗っていきます。
筆塗りでも出来なくはないですが、どうしても厚塗りになるのでキレイに仕上げるなら薄く塗料を塗装できるスプレーやエアブラシが必須。

次にマスキングテープを幾何学的にザクザクと切りパーツのあちこちにランダムに貼っていきます。
この時テープをしっかりと貼りつけないと後々大変な事に……(ちょっと失敗した)

テープを貼ったら先に塗った色の同系色を被せていきます。
今回は青いスプリッター塗装にしたかったので水色の上に青を塗装。

塗料が完全に乾いたのを確認してからテープを剥がせばスプリッター塗装完了。
テープを剥がす時にパーツを引っ掻いてしまうと塗装ハゲに繋がるので要注意。
テープの貼り付けが甘く塗り分けの境界線が乱れた所はピンポイントで筆塗りリタッチ。

こちらがスプリッター塗装を終えたパーツ達。
余談ですがスプリッター迷彩は隠れる為の迷彩ではなく、幾何学模様を機体に描く事で相手の機体形状認識を妨害もしく遅延させる迷彩だそうです。
18mを超える人型兵器に使われても効果がありそうな迷彩でなおかつカッコいいと言う素晴らしい塗装パターンですね。

自分なりに「カッコいいガンプラ」を目指して制作しました! 宜しければご覧下さい<(_ _)>

コメント8件

  1. くろいの 9か月前
    • 永遠の蒼 9か月前
  2. しん 9か月前
    • 永遠の蒼 9か月前
  3. k.A.T.u 9か月前
    • 永遠の蒼 9か月前
  4. 永遠の蒼 9か月前
  5. ayato 9か月前