GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ガンダムF97連邦軍仕様
  • 232
  • rating_star3
  • 1

ガンダムF97連邦軍仕様

クロスボーン魔王とv2のミキシングです。
魔王剣をアレンジして、この機体で再現してみました。

クロスボーンの海賊の意匠を隠しつつ、光の翼搭載による放熱効率化のため、全身に放熱パネル(ホログラム部分)を取り付けたデザインにしました。
この先の解説は、BFっぽく進めていきます。

クロスボーンの海賊の意匠を隠しつつ、光の翼搭載による放熱効率化のため、全身に放熱パネル(ホログラム部分)を取り付けたデザインにしました。
この先の解説は、BFっぽく進めていきます。

射撃姿勢
V2のライフルを使用したため、ザンバスターのビーム・グレネード機能をより効率的に再現している。
腰部4連マシンキャノンは、当時の砲戦機であるGキャノンのものと同等の威力を持つが、技術向上により小型化に成功。戦闘中の取り外しも可能となっている。

射撃姿勢
V2のライフルを使用したため、ザンバスターのビーム・グレネード機能をより効率的に再現している。
腰部4連マシンキャノンは、当時の砲戦機であるGキャノンのものと同等の威力を持つが、技術向上により小型化に成功。戦闘中の取り外しも可能となっている。

放熱優先のため除かれたシザーアンカーの代用として、取り付けられたドリルウェッブ。
打撃武器、短距離インコム、鞭(ハイパーハンマー?)の3つの用途に使用可能。
画像はNサブ

放熱優先のため除かれたシザーアンカーの代用として、取り付けられたドリルウェッブ。
打撃武器、短距離インコム、鞭(ハイパーハンマー?)の3つの用途に使用可能。
画像はNサブ

横サブ

横サブ

ザンバーとEケーブル接続
クロスボーン魔王のパーツ構成を見たとき、GBFのX魔王戦で最後に出した魔王剣を、この機体で再現できそうだと感じました。
最初は、バックパックのサブアーム直結を考えましたが、ケーブル直結にすることで、前述のドリルウェッブも作ることができました。

ザンバーとEケーブル接続
クロスボーン魔王のパーツ構成を見たとき、GBFのX魔王戦で最後に出した魔王剣を、この機体で再現できそうだと感じました。
最初は、バックパックのサブアーム直結を考えましたが、ケーブル直結にすることで、前述のドリルウェッブも作ることができました。

全塗装は一度経験がありましたが、ミキシング改造ガンプラは、この機体が初めてでした。
やりかったことを詰め込めた満足感と、同じくらいの不満点のあるガンプラになりましたが、好きな機体であるクロスボーンガンダムを自分好みに完成させられてうれしいです。

全塗装は一度経験がありましたが、ミキシング改造ガンプラは、この機体が初めてでした。
やりかったことを詰め込めた満足感と、同じくらいの不満点のあるガンプラになりましたが、好きな機体であるクロスボーンガンダムを自分好みに完成させられてうれしいです。

スラスター展開時。
V2より旧型のため、大型。
、スラスターにも放熱パネルが取り付けられている。

スラスター展開時。
V2より旧型のため、大型。
、スラスターにも放熱パネルが取り付けられている。

コメント1件

  1. ニシノ 6か月前