GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ガンダム・バルバトス ゴースト
  • 1865
  • rating_star33
  • 0

ガンダム・バルバトス ゴースト

本機はマクギリス・ファリド事件の終結から十年の月日が経った世界に突如として現れた謎のガンダム・フレーム機である。その容貌が極めて同事件で兵たちを戦慄させた「ガンダム・バルバトスルプスレクス」に酷似していることから便宜的に「バルバトス」と呼ばれてこそいるが、エイハブ・ウェーブの固有周波数はバルバトスとも、また民兵組織「鉄華団」において運用されていたとされる他のガンダム・フレーム機とも一致しないため、関連は不明。

また、本機の存在が確認される以前に「悪魔の首級」がギャラルホルン本部から何者かに強奪されるという事件が発生しているが、これはギャラルホルン内部で隠蔽され、現場にも伝えられていないことで捜査は難航しており、神出鬼没な本機の活動と、遭遇したとしても曖昧な証言が相次いでいることから誰ともなしに呟いた「ゴースト」の呼称がいつしか正式に与えられることとなった。

その実態はモンターク商会によって回収されたガンダム・グシオンに同じく同商会を経由して回収されたバルバトスルプスレクスのパーツを組み込んだ機体であり、ダインスレイヴ関連施設の殲滅、並びに同兵器に関わった全ての人物の粛清を条件に”ある人物”へと供与されたモビルスーツである。

―――――――――――――――

フルシティとルプスレクスを簡単にミキシングしてX0カラーにさっと塗ったものです。

本機の目撃証言に曖昧なものが多いのは主にナノミラーチャフや煙幕等が焚かれた戦場でしか活動してこなかったことが大きい。当初はギャラルホルンが討伐する予定であった宇宙海賊を先回りして殲滅する、経済圏の国境付近で睨み合う双方に攻撃を加えて退却するなど不可解な行動が多かったが、これらは全てギャラルホルンへの挑発行動であると結論付けられた。

本機の目撃証言に曖昧なものが多いのは主にナノミラーチャフや煙幕等が焚かれた戦場でしか活動してこなかったことが大きい。当初はギャラルホルンが討伐する予定であった宇宙海賊を先回りして殲滅する、経済圏の国境付近で睨み合う双方に攻撃を加えて退却するなど不可解な行動が多かったが、これらは全てギャラルホルンへの挑発行動であると結論付けられた。

背面に装備されているユニットには本来の持ち主であるガンダム・グシオンリベイクフルシティの場合隠し腕が収納されていたが、本機の場合は固有周波数を撹乱するためのエイハブ・リアクターが収納されている。

背面に装備されているユニットには本来の持ち主であるガンダム・グシオンリベイクフルシティの場合隠し腕が収納されていたが、本機の場合は固有周波数を撹乱するためのエイハブ・リアクターが収納されている。

ギャラルホルンから強奪されていたのは「悪魔の首級」だけではなく、ルプスレクスの残存部位である右腕もまたモンターク商会の手引きによって闇市場に流され、それをマッチポンプでそのまま回収するという経緯を辿ってグシオンの胴体に移植された。

ギャラルホルンから強奪されていたのは「悪魔の首級」だけではなく、ルプスレクスの残存部位である右腕もまたモンターク商会の手引きによって闇市場に流され、それをマッチポンプでそのまま回収するという経緯を辿ってグシオンの胴体に移植された。

右腕の仕様も原型機と変わらずレクスネイルと内蔵された200mm砲を兼ね備えたそれ自体が武器とでも呼ぶべきものになっているが、サブアームのギミックはオミットされており、実質的に遠距離戦では200mm砲、近距離戦ではレクスネイルという両極端なウェポンユニットとして運用されているのが実情である。

右腕の仕様も原型機と変わらずレクスネイルと内蔵された200mm砲を兼ね備えたそれ自体が武器とでも呼ぶべきものになっているが、サブアームのギミックはオミットされており、実質的に遠距離戦では200mm砲、近距離戦ではレクスネイルという両極端なウェポンユニットとして運用されているのが実情である。

対MS用ハンドマグナム。こうした中距離戦に対応できないという弱点を補うべくパイロットが商会に用意させたものであり、ラスタル・エリオンの粛清に向けて明確に活動を開始した直後から携帯している武装である。

対MS用ハンドマグナム。こうした中距離戦に対応できないという弱点を補うべくパイロットが商会に用意させたものであり、ラスタル・エリオンの粛清に向けて明確に活動を開始した直後から携帯している武装である。

かつて鉄華団で運用されていたガンダムの継ぎ接ぎで構成された本機のバランスは決していいものだとは言えず、頭部アンテナの片方は欠損し、回収できなかった右肩はフレームが剥き出しになっている。

かつて鉄華団で運用されていたガンダムの継ぎ接ぎで構成された本機のバランスは決していいものだとは言えず、頭部アンテナの片方は欠損し、回収できなかった右肩はフレームが剥き出しになっている。

長々と失礼しました。簡単にざっくり作ったものではありますが枯れ木も山の賑わいということで一つ、お手柔らかにお願いします。

長々と失礼しました。簡単にざっくり作ったものではありますが枯れ木も山の賑わいということで一つ、お手柔らかにお願いします。

コメント0件