ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントをお持ちの方はこちら会員登録
獅電改【黒曜号】
itati_pf
獅電改【黒曜号】 テイワズが開発した、獅電の火力支援型試作機の第二弾。この機体は弾幕ではなく、狙撃による一撃必殺を考えて作られている。 エイハブリアクターという存在がある以上、単独行動は不可能。そのため乱戦を支援しながらの隠密行動を前提としており、視認性の低い黒を主体とした塗装を施されている。 メインカメラは倍率が若干上昇している。ロングバレルのライフルは装填数こそ少ないが、フレームの弱い部分なら一点突破できるライフル弾を装填可能。 サブウェポンに百錬のナイフを装備。黒曜号の性質上大型・重量級の武器は装備できないため、この武器が採用された。 (やられ役のグレイズ君にはいつも悪いと思っています) 強固な敵を打ち破るべく、滑腔砲をアームに接続し通常武器として搭載。ガンダムバルバトスが装備した滑腔砲で採れた実戦データを参考に、威力は十分との事から命中精度重視の改造が施されている。 威力にわずかな差異こそあれど、命中精度に比重を置いた結果撃墜率は旧型に遅れをとらないものに。直立して撃つと反動で吹っ飛ぶので、基本は立て膝で発射する。 最後は決めポーズでパシャリ。滑腔砲は余ったジョイントパーツとジムスナイパーⅡK9のライフルパーツを無理くりくっつけたものなので、結構ポロリが多いのですが、見栄えはなかなか良くできたかなと思います。

コメント2件

  1. かーず
    3か月前 | 返信
    • weasel
      3か月前 | 返信

コメントを書く

1/100スケールコンテスト
rating_star15 評価点
15 いいね
612 views

Tags