ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントをお持ちの方はこちら会員登録
HGBF エンダリングフリーダム
hidajun0610
HGBF エンダリングフリーダム 胴と腰のクリアパーツ(設定上)の間に金色のパーツを挟むことでお互いが反射され発光してるように見えるようにしてみました。 ガンプラバトルをするのだから、拳パーツは動かなくては!と思い、RGのエモーショナルマニュピレーターを改造しHGに合うようにしました。
サムズアップも可能です。 カメラアイは金で塗装後、上からフィルムシールを貼りレンズ感を出しました。 ストフリの代名詞である金色の内部フレームは廃止し、黒鉄色で塗装、代わりに各部位に金色の塗装を施しました。
フィルムシールによるクリアパーツも各部位に取り付けてあります。 本体を暗めに塗装したので、光を反射するところと吸収するところのメリハリを出しました。 ガンダムブレイカー3 で使用していて、製作しようとしていた原案のエンダリングフリーダムです。 仮組みの状態まで製作していたのですが、この後アメイジングストライクフリーダムが発売になり、大きくデザインを変更しました。
このガンプラのパーツは今回一つも使っていないので、また時間を見つけて完成させたいと思います。 光を当てる前のフィルムシール
光の当たり具合の他にも、下地の色で多少変化したりします。 光を当てるとオーロラブルーは緑へ、オーロラグリーンは赤へ変色します。
色が変わるのは、SEEDシリーズに出てくるフェイズシフト装甲の設定とマッチするので、使いようによってはもっと面白い作品が作れそうな気がします。

近い未来、本当にガンプラバトルができるようになったら、このエンダリングフリーダムを使って子供達とバトルしたいです( ^ω^ )

コメントを書く

1/100スケールコンテスト
rating_star0 評価点
いいね
345 views

モデラー:ひだじゅん

YouTubeに動画投稿もしているひだじゅんと申します。 僕の影響で家族みんなでガンプラを楽しんでいます。 なかなか投稿できる作品を作る時間がないのですご、少しずつアップして行けたらと思います(^...

ひだじゅんの作品3 posts

Tags