GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ASW-G-38 ガンダムハルファス
  • 1364
  • rating_star3
  • 0

ASW-G-38 ガンダムハルファス

厄災戦時に開発された、ガンダムフレームタイプ38番機。
<ハルファス>とは剣を携え鳥の姿で現れる悪魔の名であり、その名にふさわしく、両肩のウィングソードを始めとした、全身に搭載された過剰なまでの剣を活かした高い突破力が機体コンセプトである。

武装紹介
左からメインウェポンであるグレートソード、ロングブレード、コンバットナイフ×2、スラスターを兼ねたウィングソード、バスタードソード、ショートブレード×2。

武装紹介
左からメインウェポンであるグレートソード、ロングブレード、コンバットナイフ×2、スラスターを兼ねたウィングソード、バスタードソード、ショートブレード×2。

上記の武装に加え、隠し武器として両足の先にもコンバットナイフが仕込まれている。状況に応じ適切な武装を使い分けるには、重度の<阿頼耶識>施術を受けたパイロットによる運用が前提となる。

上記の武装に加え、隠し武器として両足の先にもコンバットナイフが仕込まれている。状況に応じ適切な武装を使い分けるには、重度の<阿頼耶識>施術を受けたパイロットによる運用が前提となる。

左腕にはショートブレードとコンバットナイフのラックを兼ねたシールドを装備。もっともハルファスが守りに転じる状況は稀な為、シールドとしてはほとんど機能していない。
右腕は逆にグレードソードの取り回しの為、左腕と比べスマートなフォルムになっている。

左腕にはショートブレードとコンバットナイフのラックを兼ねたシールドを装備。もっともハルファスが守りに転じる状況は稀な為、シールドとしてはほとんど機能していない。
右腕は逆にグレードソードの取り回しの為、左腕と比べスマートなフォルムになっている。

ウィングソード展開時。推進剤が切れた後は、一対の大剣もしくは合体させグレートソードに次ぐ特大剣として運用される。

ウィングソード展開時。推進剤が切れた後は、一対の大剣もしくは合体させグレートソードに次ぐ特大剣として運用される。

初投稿です。使用ガンプラはシュバルツリッター、キマリス、グシオンリベイクフルシティ、ブルーフレームセカンドLです。 宜しくお願い致します

コメント0件