GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

異形の怪人
  • 319
  • rating_star23
  • 2

異形の怪人

第二次降下作戦時、追撃を強行し「西海岸の隻腕」に救われた兵士の一人。
この出来事により、彼は「無謀」と「勇敢」を取り違えていたことを理解し、
以降ジオン軍の将来を担うに相応しい兵として成長する。
「隻腕」のように称えられることはなかったが、彼もまた間違いなくエースの一人であった。

まいど!
前回の隻腕の相方となる機体です。
いつものことながらBlancHibouさんで塗って参りました。

仕上げが適当なので今回もアラだらけではありますが、
初めてのデカールに挑戦してみました。

ジャブロー戦にはゾゴックで参加しており、以降これを使い続けている。
右腕のクローは元々「隻腕」のズゴックのもので、換装することで射撃武器を獲得、対応力が広がった。
頭部のブーメランカッターはオミットされており、メガ粒子砲使用による発熱を考慮したラジエータに変更された。
左手の鈍器は建造物解体用の鉄球に、スパイクと柄をつけただけのもの。

ジャブロー戦にはゾゴックで参加しており、以降これを使い続けている。
右腕のクローは元々「隻腕」のズゴックのもので、換装することで射撃武器を獲得、対応力が広がった。
頭部のブーメランカッターはオミットされており、メガ粒子砲使用による発熱を考慮したラジエータに変更された。
左手の鈍器は建造物解体用の鉄球に、スパイクと柄をつけただけのもの。

地上戦でのジオン軍の敗色が濃厚となり、宇宙へと敗走する頃
「隻腕」やフェンリル隊と共にキャルフォルニア基地のHLV防衛に当たったとされる。

敗戦後も地上に潜伏しており、連邦軍の資材輸送部隊を襲撃、
あるいは放棄された軍事施設を漁ることで来るべき時のために備えていた。

地上戦でのジオン軍の敗色が濃厚となり、宇宙へと敗走する頃
「隻腕」やフェンリル隊と共にキャルフォルニア基地のHLV防衛に当たったとされる。

敗戦後も地上に潜伏しており、連邦軍の資材輸送部隊を襲撃、
あるいは放棄された軍事施設を漁ることで来るべき時のために備えていた。

隻腕とのツーショット。

隻腕とのツーショット。

簡単にポージング。

簡単にポージング。

今までで一番うまくできたかなーと思いますが、まだまだですね…

コメント2件

  1. @Maru_Iruka 6か月前
    • ルーシィ 6か月前