ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントをお持ちの方はこちら会員登録
MSA-005 X-1 RF [SPARROWHAWK]
maru_iruka
MSA-005 X-1 RF [SPARROWHAWK] MSA-005 X-1 RF [SPARROWHAWK]
メタス・スパロウホーク[MS形態]
メインパイロット:ルイーゼ・ハーヒビット
AE社内、旧ハービック社の技術者チームによって開発が進められ、音速での可変試験中に起きた空中分解事故により一度は開発が中止されていた実験機、X-1を再評価、リファインし問題点を解消した上で完成させた機体。
正式採用に伴いX-1でフレーム剥き出しであった腕に装甲が追加された他、頭部カメラもモノアイ式からバイザー式に変更されている。
なお、本機には数機の同型機が存在するが、この装備及びカラーリングは、様々な環境での運用データを収集する目的で、エゥーゴ月軌道防衛大隊所属の遊撃隊、通称バーズネスト隊に配属され、ルイーゼ・ハーヒビット専用機となった機体のものである。 バーズネスト隊配属時の機体コードネームはミナミハイタカを意味するシェイカー[SHIKER]であったが、バーズネスト隊の隊長、アヴェルラ・アルベルティーニの乗機ジムカスタム・シュライク[SHRIKE]と字面が似ており、訓練中に幾度か管制官による機体のとり違いが発生したため、ハイタカを意味するスパロウホーク[SPARROWHAWK]に改名された。 MSA-005 X-1 RF [SPARROWHAWK]
メタス・スパロウホーク[MA形態]
実験機X-1と同じくMS単独による超音速飛行能力を確保するため、MA形態は高い空力性能を得られる形状になっておりそのシルエットは航空戦闘機に酷似している。
翼や脚部には熱核ジェットエンジン、熱核ロケットエンジンの機能を併せ持つ熱核ハイブリッドエンジンが搭載されており、大気圏内、宇宙空間のどちらにおいても高い加速性能を発揮することが可能である。 MA形態では腰部の機能拡張用アタッチメントに携行装備を懸架することが可能。

また肩部には機関砲を装備しており、MA形態での主武装となる。 肩部に接続された翼部ユニット自体を回転させることも可能である。これにより、超音速飛行中であっても高い運動性能が確保されており、既存の航空、航宙戦闘機や可変MSを上回る空戦性能を実現している。
一方で、加速性能と運動性能の両立は戦闘機動時に機体及びパイロットにかかるGを増大させる結果となった。この問題を解決するために開発されたのが本機専用の対Gパイロットスーツである。
この対Gパイロットスーツには機体の挙動と連動し、必要に応じて対G負荷用薬剤をパイロットに投与するDDS(ドラッグデリバリーシステム)が採用されており、パイロットのG耐性の大幅な向上を可能としている。
なお、この技術は後にRX-0ユニコーン専用のパイロットスーツにも採用されることになる。 MSA-005 X-1 RF [SPARROWHAWK]
メタス・スパロウホーク[中間形態]
実験機X-1の抱えていた超音速飛行時の変形によるフレームへの過負荷という問題点に対し本機ではフレーム強度を高めると共に変形の際に中間形態を挟むという方法で解決がはかられている。
大気圏内における超音速飛行時の変形で、最もフレームへの負担が大きい機首部と翼部を変形させず、腰部と脚部のみMS形態に変形させることでフレームへの負担を許容範囲内に抑えつつ、超音速飛行時の変形を実現したのである。
また、副次的な効果ではあるものの、この中間形態はMA形態の高機動性とMS形態の汎用性を高いレベルで平均化したものとなっており、状況にあわせて3つの形態を選択できることは本機ならではの特長と言える。 変形シークエンス。
MA形態から中間形態を挟んでMS形態へ。
そしてMS形態からMA形態へは中間形態を挟まずに変形する。
(画像クリックで動きます) 多機能複合型観測ユニット:ホークアイ
本機は腰部に機能拡張用アタッチメントを装備しており、そこに多機能複合型観測ユニット:ホークアイを取り付けることで高高度偵察機として運用することも可能である。
ホークアイには高感度光学カメラ、赤外線カメラ、ミノフスキー粒子濃度観測装置などの高性能センサーが多数搭載されており、高高度を高速で飛行しながらの偵察や戦場観測を可能としている。 ホークアイ使用中には大型ブレードアンテナが展開する。 マイクロミサイルコンテナ
熱源誘導式のマイクロミサイルを多数搭載するミサイルコンテナ。
腰部の機能拡張用アタッチメントに装備する特殊戦術装備の1つ。

熱源誘導式という性質上、IFFが機能しないミノフスキー粒子戦闘濃度散布状況下での混戦時には誤射の危険性が高くなるため使用できない。そのため、スパロウホークの速度を活かして友軍主力部隊に先んじで接敵、一撃離脱で敵集団に対し全てのミサイルをばら撒く。といった戦術的運用が主となる。 使用時には展開。
コンテナ自体はミサイルを撃ち尽くした後はデッドウェイトになるため投棄される。 セミアクティブレーザーホーミングミサイル:SALHM
本機翼部のアタッチメントに4基搭載されるセミアクティブレーザーホーミング方式のミサイル。
目標に対しスパロウホークから照射されるレーザーを用いて誘導を行うため、ミノフスキー粒子散布下であっても誘導可能な他、対空、対地のどちらの目標に対しても使用することが可能。
また、ミサイルでありながら推力偏向ノズルや可動式の安定翼を装備しており、不規則な挙動を行う可変MSに対しても十分な追尾性能を備えている。 試作型高精度アサルトライフル
実弾式の試作型アサルトライフル。
連射性能こそ従来の物より劣るものの、威力と精度に優れている。特に単発射撃モードでの精度はスナイパーライフルとしても利用可能なほどである。
各環境での運用データ収集のため本機の基本装備として採用された。 展開式ハンドライフル
両腕に一門づつ装備された実弾射撃兵器。
もともとメタスに装備されていたアーム・ビームガンを実弾装備に変更したもので、元のアーム・ビームガンでは展開した上で腕ごと回転させる必要があったが、本機の展開式ハンドライフルではその必要は無くなっており運用性能が向上している。 最後はスタティックディスプレイとバーズネスト隊の面々で。
ワグテイルとシュライクはこちら。
http://gumpla.jp/hg/42998

最後まで見てくださってありがとうございましたー!

空戦、宙戦能力特化型のメタスです! 見てやってくださると嬉しいです^^

コメント16件

  1. ta-zu
    2週間前 | 返信
    • @Maru_Iruka
      2週間前 | 返信
  2. ゼアノート☆プチッガイマイスター
    2週間前 | 返信
    • @Maru_Iruka
      2週間前 | 返信
  3. ottvi
    2週間前 | 返信
    • @Maru_Iruka
      2週間前 | 返信
  4. 2週間前 | 返信
    • @Maru_Iruka
      2週間前 | 返信
  5. sui
    2週間前 | 返信
    • @Maru_Iruka
      2週間前 | 返信
  6. @damegi0424
    2週間前 | 返信
    • @Maru_Iruka
      2週間前 | 返信
  7. ayato
    2週間前 | 返信
    • @Maru_Iruka
      2週間前 | 返信
  8. かーず
    2週間前 | 返信
    • @Maru_Iruka
      2週間前 | 返信

コメントを書く

1/100スケールコンテスト
rating_star102 評価点
34 いいね
1394 views

モデラー:@Maru_Iruka

最近になって筆を使った全塗装をやり始めました! いざ全塗装をやり始めると、塗らないと気が済まなくなってしまいますね(笑) ガンダム作品では、AOZ、MS IGLOOなどが特に好みです。 ...

@Maru_Irukaの作品36 posts

Tags