ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントをお持ちの方はこちら会員登録
バルバトスルプスレクス・ロールアウトカラー
seinalvis
バルバトスルプスレクス・ロールアウトカラー MAの攻撃に対抗すべく開発されたガンダムフレームだが、完成した時点で既に人類は壊滅的な被害を受けていた。
軍は早急にMAの進行を止めるべく初期に完成したガンダムフレームをロールアウト直後に戦場へ投入。当然8番目の悪魔の名を冠されたバルバトスも投入された。 バルバトスは兵器としての完成を優先させたため、装甲の塗装もされず、モノトーンカラーで厄祭戦を戦い抜いた。 300年後に残っているバルバトスは厄祭戦後に英雄となるべく改修された姿である。
両腕は全体のバランスに合わせて小型化され、色もヒロイックになり厄祭戦時の姿は隠蔽された。 しかし三日月オーガスがリミッターを外したことにより、バルバトスは本来の、ルプスレクスとして復活する。
厄祭戦の英雄ではなく、厄祭戦の悪魔へと変貌したバルバトスの戦いは、もはや人型としてではなく、獣のように見えるだろう…… 見て頂きありがとうございました!
厄祭戦時の設定なので胸の鉄華団マークはパテで埋めようかと思いましたが、カッコいいので残しました笑 ガンプラにデカール貼ったのも初めてです。
貼りすぎた感はありますが、貼るだけでカッコよくなりますね。

ルプスレクスカッコいい! よろしければ見てやって下さい!

コメント6件

  1. 萩.a.k.aゴリラ
    2か月前 | 返信
    • 霜月かづさ
      2か月前 | 返信
  2. ヒツジ
    2か月前 | 返信
    • 霜月かづさ
      2か月前 | 返信
  3. DON
    2か月前 | 返信

コメントを書く

1/100スケールコンテスト