ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントをお持ちの方はこちら会員登録
バルバルス
fb-841821785955978
バルバルス ◆フロント

両腕部・両脚部は、モノコック構造となっており、本来のガンダムフレームに当たる構造体は装甲内部には存在していない。

頭部や胴体部等の装甲形状が、約170年前のマクギリス・ファリド事件の歴史映像資料に登場する「ガンダムバルバトス」に酷似している事から、本機の正体はガンダムフレーム「バルバトス」ではないかと推測する者もいるようである。(ただし、バルバトスは同じ映像資料の中で、ギャラルホルンの英雄・ジュリエッタによって首を取られ、大破している) ◆リア
背面には、大きなスタビライザー。
他、各部に武装の類がマウントされている。

脚部後面は、積層化された二次元ノズル式のスラスターで埋め尽くされている。
この二次元ノズル式スラスターは、伝説の機体「ガンダムバエル」のスラスターウイングと技術的に通ずるものとされる。 ◆ビームライフル
右背面にマウントされる共振粒子砲。
ビーム兵器に分類されるが、かつてのMAに搭載されていたものとは異なり、ナノラミネートアーマーにも有効である。
射程、出力の調整が可能である。 ◆シールド
楕円曲面状の大きな盾。
素材は特別な物ではなく、ナノラミネート処理もされていないが、特殊力場の膜を展開する事で、あらゆる攻撃を低減・無効化してしまう。


本機の各部装甲も同様の防御システムを有している模様。
また、本体の装甲には、高度な自己修復機能が備わっている。
自己修復機能については、機体が内部で生み出すナノマシンの働きによる現象のようで、本機とナノマシンの関係は、MAとプルーマーの関係にも似ている。 ◆ビームキャノン
バックパックに懸下されたビーム兵器。
ビームライフルとほぼ同様の砲撃装備で、砲身をスライド展開する事で、よりロングレンジに対応できる。 ◆ビームサーベル
バックパック上面にマウントされる柄の部分から、高熱と振動を帯びた金属粒子を放出、特殊力場によって、刀剣状に成形した斬撃兵器。 ◆クレッセント・モード
戦闘中、パイロットの意識レベルの低下に伴い発動される特殊な自律戦闘モード。

背面のスタビライザーを有線射出し、斬撃・刺突武器とする「テイルブレード」、装甲の自己修復用ナノマシンを一時的に活性化し、マニュピレーターを変質・大型化させた「レクスネイル」、足の踵に内蔵された「ヒールバンカー」を用いた野性的な戦闘スタイルで周囲の敵を殲滅する。

荒れた火星の大地に、 ∀の風が吹くーー。

コメント4件

  1. @Diablo72197593
    2か月前 | 返信
    • Riva Stone
      2か月前 | 返信
  2. Riva Stone
    2か月前 | 返信
  3. @Synth_Follower
    2か月前 | 返信

コメントを書く

1/100スケールコンテスト