ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントをお持ちの方はこちら会員登録
ASW-G-39 ガンダムマルファス
n_s2tl
ASW-G-39 ガンダムマルファス ≪機体設定≫
先に開発されたガンダムフレームとMAの戦闘データから設計された機体。
機首(クチバシの部分)が巨大な刀身となっているため、突撃を行うだけで、敵機体を突き刺す、絶大な破壊力を誇る。
脚部のクローは、敵を捕縛する際などに使用される。捕らえた敵を上空へ連れ去り、高々度から落下させるなど無慈悲な戦闘を行う。
機体後方には、テールブレードが装備されている。有線式の刀身を射出することができるため、万が一航空戦力に、後方を取られた場合も迎撃することができる。 翼には、レールガンが装備されており、上空から一方的な砲撃を行うことができる。
レールガンは、フラウロス(厄祭戦時)のショートバレルキャノンと同等の威力を持っている。
厄祭戦当時は、MAなど他の航空戦力が存在していたが、現在(TV本編)では、飛行性能を有した機体は確認されておらず(存在しても極僅か、または戦闘機など)、まさに激化する戦闘を上空から、高見の見物と決め込むことができる。
そのため、空中戦闘を行うことができるマルファスにとって、地上に降り立つ必要性は乏しく、この形態が基本形態となる。 変形機構を有し、戦況に応じてMS形態になることができる。 ≪変形≫
翼を畳み、テールブレードを収納 機首を後方に180°回転
脚部クローの爪先を180°回転 状態を起こし、その後頭部と脚部を180°回転させる 変形完了! ≪MS形態≫
MS形態では、機体各所の紅い装甲が一際目を引く。
機首は、そのままバスターソードとして使用可能。
身の丈ほどの大剣故に、ガンダムフレームの出力でもって扱うことができる代物。 テールブレードは、MS形態でも使用可能。後方や中距離の敵に対して使用される。 機動性に優れ、バード形態はもちろん、MS形態でも継続的な空中戦闘を行うことができ、上空からの攻撃で他のMSを圧倒する。 テールブレードは取り外し可能で、手持ちのショートブレードとして使用できる。
当然手持ちの状態でもワイヤーを射出することができる。 大小極端に異なる二刀流。 MS形態でもレールガンを使用可能。
この形態で空中から一方的な砲撃を行うこともできるが、重力下の戦闘でMS形態での砲撃を行うメリットは少ない。
そのため、MS形態での戦闘は主に宇宙空間での戦闘となる。 砲撃状態のバックショット
翼はMS形態では開かないという設定。
武装が少ないので、ポージングなどの幅も少ないですw
以上
ASW-G-39ガンダムマルファスでした。
過去作のアージェントルナールのライバル機として作りました。
戦闘場面の写真に差し替えました。
獲得した情報から作り上げる“エンジニア” vs 与えた情報によって破壊をもたらす“情報屋”という設定です。
ライバルですが、アージェントルナールはレギンレイズベースの似非ガンダム。戦力彼我は、マルファスが上です。

黒い翼の変形型ガンダムフレーム、ガンダムマルファス

コメント9件

  1. @MTdmq
    4週間前 | 返信
  2. かーず
    4週間前 | 返信
    • ΔⅡ
      4週間前 | 返信
  3. ヒツジ
    4週間前 | 返信
    • ΔⅡ
      4週間前 | 返信
  4. ゼアノート☆プチッガイマイスター
    4週間前 | 返信
    • ΔⅡ
      4週間前 | 返信
  5. ベアゲート
    4週間前 | 返信
    • ΔⅡ
      4週間前 | 返信

コメントを書く

1/100スケールコンテスト
rating_star125 評価点
38 いいね
3549 views

ΔⅡ

主にミキシング&オリジナルカラーリング スプレー缶塗装で作ってます 機体の説明は、妄想設定が溢れてますw設定ありきで、組み立てます。 ぶきっちょアームなので、スジ彫りや接着剤...

Tags