GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

やたら高価な塗装見本
  • 1295
  • rating_star37
  • 8

やたら高価な塗装見本

ブログでのランナー塗装解説の為に制作したMGサイコザクVer.Kaです。

以前にウェザリングを施したMGサイコザクも制作したので仕上がりの違いを見比べて頂けると面白いかもしれません。
〔ウェザリング版へ〕

まずは正面カット。
全体をメタリックカラーで塗装し、Ver.Kaキャンペーン付属のメタリックデカールを貼り付けています。

まずは正面カット。
全体をメタリックカラーで塗装し、Ver.Kaキャンペーン付属のメタリックデカールを貼り付けています。

正面アップ。
赤部をレッドメタリック、黒部をメタルブラック、グレー部をガンメタリックに置き換えて全身テッカテカに。
金部分は成形色の段階で金色ですが質感を高める為にゴールドで塗装。
オレンジと白い部分は上からパールクリアーを吹きかけて光沢を持たせています。

正面アップ。
赤部をレッドメタリック、黒部をメタルブラック、グレー部をガンメタリックに置き換えて全身テッカテカに。
金部分は成形色の段階で金色ですが質感を高める為にゴールドで塗装。
オレンジと白い部分は上からパールクリアーを吹きかけて光沢を持たせています。

バックビュー。
スカートアーマーなどの白いラインはキット付属のデカールを仕様しています。
白いデカールの上にパールクリアーを吹く事で光沢を統一し白いラインもパールホワイトにして統一感を持たせました。

バックビュー。
スカートアーマーなどの白いラインはキット付属のデカールを仕様しています。
白いデカールの上にパールクリアーを吹く事で光沢を統一し白いラインもパールホワイトにして統一感を持たせました。

ビームバズーカ、バックパック、ブースター類を装着したフル装備。
圧倒的なボリューム故に撮影ブースに入りませんでした……

ビームバズーカ、バックパック、ブースター類を装着したフル装備。
圧倒的なボリューム故に撮影ブースに入りませんでした……

フル装備で後ろから。
背面のブースター類はメタルブラックの光沢とスペシャルデカールの輝きが光るお気に入りポイント。
このカッコいいペットボトル、いつ見ても邪魔です(●´ω`●)

フル装備で後ろから。
背面のブースター類はメタルブラックの光沢とスペシャルデカールの輝きが光るお気に入りポイント。
このカッコいいペットボトル、いつ見ても邪魔です(●´ω`●)

武器類やサブアームはガンメタリックの質感により金属感を演出。
ブースターを付けた状態では撮影ブースに入らないので少し写真の質が落ちます。

武器類やサブアームはガンメタリックの質感により金属感を演出。
ブースターを付けた状態では撮影ブースに入らないので少し写真の質が落ちます。

ヒートホークはウェザリングマスターのシルバーでグラデーションを入れてみました。
この方法はとにかく手軽でキレイなのでもはや十八番になってきました。

ヒートホークはウェザリングマスターのシルバーでグラデーションを入れてみました。
この方法はとにかく手軽でキレイなのでもはや十八番になってきました。

最後に下からのライティング。
最近買い換えた撮影セットのお陰で下からのライトアップもキレイに写ります♪

最後に下からのライティング。
最近買い換えた撮影セットのお陰で下からのライトアップもキレイに写ります♪

ここからは制作カット。
今回は手軽に全塗装を楽しめるランナー塗装を使ってメタリック塗装をしてみました。
まずランナーの段階でカラースプレーを吹きかけて塗装。
なるべく様々な方向から吹きかける事で吹き残しがなくなります。

ここからは制作カット。
今回は手軽に全塗装を楽しめるランナー塗装を使ってメタリック塗装をしてみました。
まずランナーの段階でカラースプレーを吹きかけて塗装。
なるべく様々な方向から吹きかける事で吹き残しがなくなります。

ただこの方法だとゲート跡に色が乗りません。

ただこの方法だとゲート跡に色が乗りません。

そこでまず先程塗装に使った缶スプレーのフタの中にスプレーを吹き出し、塗料をフタ内に溜めます。

そこでまず先程塗装に使った缶スプレーのフタの中にスプレーを吹き出し、塗料をフタ内に溜めます。

フタ内に溜まった塗料を先の細い面相筆に付けゲート跡にちょんちょんと塗ってリタッチ。

フタ内に溜まった塗料を先の細い面相筆に付けゲート跡にちょんちょんと塗ってリタッチ。

もし塗装綿にホコリが定着してしまったり、塗装面を見出してしまったら

もし塗装綿にホコリが定着してしまったり、塗装面を見出してしまったら

1200番くらいの目の細かい紙ヤスリを当ててから再度スプレーを吹きかけます。
紙ヤスリは1箇所をグリグリと当てず、全体を磨くように優しく掛けるとキレイにいきます。

1200番くらいの目の細かい紙ヤスリを当ててから再度スプレーを吹きかけます。
紙ヤスリは1箇所をグリグリと当てず、全体を磨くように優しく掛けるとキレイにいきます。

こちらがホコリを取り除き再度スプレーを吹きかけたパーツ。
とてもキレイに仕上がりました。

こちらがホコリを取り除き再度スプレーを吹きかけたパーツ。
とてもキレイに仕上がりました。

ブログの方では更に詳しくランナー塗装のポイントを解説しているのでよければそちらもご覧ください。
詳しくはこちら

お手軽に全塗装メタリックに挑戦できるランナー塗装の見本として制作しました

コメント8件

  1. レイン 7か月前
    • 永遠の蒼 7か月前
  2. くろいの 7か月前
    • 永遠の蒼 7か月前
  3. くにちゃん 7か月前
    • 永遠の蒼 7か月前
  4. かーず 7か月前
    • 永遠の蒼 7か月前