ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントをお持ちの方はこちら会員登録
旧キット ガンダムデスサイズ
旧キット ガンダムデスサイズ ビーム方向が↖を向いてるパターン。う~ん、どっちがいいかは人次第でしょうか。 このポーズ、本編で結構やってた気がします。この状態で後ろ向かせるとOPのデスサイズになりますね(笑)あ、め、に、打たれながら〜 本編で上空の敵に向かって飛ばしていた記憶があるシールド。こいつが盾としての役目を果たした事ってあったっけ…全部飛ばしてた気がします(笑)一発限りでしかもその後防御が出来なくなるとか何と燃費の悪い(笑)
(余談ですがガンダムNEXTでは「たけのこ」と呼ばれデスサイズの主力武器でした。物凄い追尾力に加え、発射後にガードすると一瞬で元に戻るという笑) 決めポーズ。可動範囲が狭くて両手持ちがまともに出来ない(笑)このキット、肩が前後に動かない(Z時代ですら動いたぞオイ!!)ため、ポージングが難しく自爆しそうになります。ただ、この時代特有のポリキャップ素材のやわらかおててなので、保持力だけはあります。 頭部ですが、まず頭のセンサー(?)がどうしても[|]←こんな感じに隙間が空いてしまうので、センサー全体を「くっつき虫」というウルトラ万能な粘土とパテの間みたいなやつで埋め、その上からガンダムマーカーの蛍光グリーンで塗りました。(くっつき虫はガチで便利なので持っておいて損はないかと。ガンプラの足裏にくっつけておけば地震が来ても倒れません。って、これ以上語ると企業の回し者みたいになっちゃうヤバイヤバイ) 顔がでかすぎるため顎(赤い部分)を短くしてイケメンに近づけました。次の写真は整形前の衝撃的な写真です(グロ注意!) なんだこの不細工?!プロモデラーさんが作ってもこれとかやめたくなりますよ〜塗装〜 てなわけで試しに顎を短くしたらわりとイケメンに。(写真だとわかりづらいですが、結構違います。) ヘルカスタムのビームシザースを持たせてみました。でかい…というか1/144のWシリーズは全体的に小さいですね。

推しまくってたくっつき虫ですが、ひっつき虫だったかもしれません。まぁ便利なのでおすすめです

コメント2件

  1. くろいの
    1週間前 | 返信
    • 解体屋ピーカプ
      1週間前 | 返信

コメントを書く

1/100スケールコンテスト
rating_star11 評価点
いいね
237 views

解体屋ピーカプ

主にHGシリーズと旧キットを作成しています。部分塗装や、若干の改修を下手ながらやっています。ちなみに地球連邦軍及びティターンズが好きです。 カミーユ、貴様は俺のっ...!!...

Tags