GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

MS-06Kザクキャノン重砲型[旧キット]
  • 509
  • rating_star48
  • 14

MS-06Kザクキャノン重砲型[旧キット]

MS-06Kザクキャノン重砲型
旧キット1/144
重火砲を2門と予備弾倉2を装備したランドセル、腰部に駐鋤(スペード)を装備するザクキャノンを旧キットで制作。

一年戦争中期、カリフォルニアベースで数機生産された。
重火砲を2門と予備弾倉2を装備したランドセル、腰部に駐鋤(スペード)を装備する。
コンセプトは、敵陣営を遠距離射撃し素早く陣地転換できる機体である。
放物線を描いて投射される射程は15km~30km、自律誘導弾は60kmにおよぶ。
しかし、高濃度ミノフスキー粒子散布下では着弾誘導部隊からの誘導が難しくなり、また、敵地に肉薄する観測装置付きMSの損耗もあり、長大な射程を生かす機会にあまり恵まれなかった。
速射性能は10発/分
膝立ち射撃準備に30秒、射撃に1分、撤収に30秒と、わずか2分間で完了できる。
射撃後1分以内に対砲レーダーによる標定、反撃されるので機動力が必要である。
ただし重量物の砲を背負っているため、MSとしての機動力はかなり低下している。
弾倉交換は随伴機や同僚機が行う。

戦争末期の12月に多数のHLVやザンジバルを打ち上げた撤退戦で、多数のMSや戦闘車両を遠距離から撃破したが、装弾数の少なさや機動力の低さが仇となり乱戦の中で被弾擱座した。

一年戦争中期、カリフォルニアベースで数機生産された。
重火砲を2門と予備弾倉2を装備したランドセル、腰部に駐鋤(スペード)を装備する。
コンセプトは、敵陣営を遠距離射撃し素早く陣地転換できる機体である。
放物線を描いて投射される射程は15km~30km、自律誘導弾は60kmにおよぶ。
しかし、高濃度ミノフスキー粒子散布下では着弾誘導部隊からの誘導が難しくなり、また、敵地に肉薄する観測装置付きMSの損耗もあり、長大な射程を生かす機会にあまり恵まれなかった。
速射性能は10発/分
膝立ち射撃準備に30秒、射撃に1分、撤収に30秒と、わずか2分間で完了できる。
射撃後1分以内に対砲レーダーによる標定、反撃されるので機動力が必要である。
ただし重量物の砲を背負っているため、MSとしての機動力はかなり低下している。
弾倉交換は随伴機や同僚機が行う。

戦争末期の12月に多数のHLVやザンジバルを打ち上げた撤退戦で、多数のMSや戦闘車両を遠距離から撃破したが、装弾数の少なさや機動力の低さが仇となり乱戦の中で被弾擱座した。

MS-06Kザクキャノンがベースである。重砲2門と両肩のシールドが特徴的である。脚部は機動性UPではなく、射撃時の荷重を受けられるように調整してある。

MS-06Kザクキャノンがベースである。重砲2門と両肩のシールドが特徴的である。脚部は機動性UPではなく、射撃時の荷重を受けられるように調整してある。

巨大な重火砲を2門と予備弾倉2を装備したランドセル、腰部に駐鋤(スペード)を装備する。
元々は高射砲であったが、高高度を飛ぶ連邦軍の重爆撃機にはあまり有効ではなかったので、野砲としての運用が主となった。

巨大な重火砲を2門と予備弾倉2を装備したランドセル、腰部に駐鋤(スペード)を装備する。
元々は高射砲であったが、高高度を飛ぶ連邦軍の重爆撃機にはあまり有効ではなかったので、野砲としての運用が主となった。

MS in ACTION
左上、行軍時状況。
右上、射撃準備、待機時
左下、対MS戦も可能。アウトレンジからの水平射撃は驚異的な打撃力を誇る
右下、腰を低くした射撃時も、駐鋤(スペード)基部が下降し射撃補助をする。

MS in ACTION
左上、行軍時状況。
右上、射撃準備、待機時
左下、対MS戦も可能。アウトレンジからの水平射撃は驚異的な打撃力を誇る
右下、腰を低くした射撃時も、駐鋤(スペード)基部が下降し射撃補助をする。

DETAIL
1、肩部分に移動時に砲を固定するためのトラベリングロックが装備されている。
2、砲はダンパー付きの水平鎖栓式であり、発射衝撃を吸収し装填する。
ランドセルには砲稼働機部のほかに、補助動力部がある。
3、駐鋤(スペード)接地状態。
   膝立ち射撃時に駐鋤(スペード)が着地し、射撃の衝撃を緩和する。

DETAIL
1、肩部分に移動時に砲を固定するためのトラベリングロックが装備されている。
2、砲はダンパー付きの水平鎖栓式であり、発射衝撃を吸収し装填する。
ランドセルには砲稼働機部のほかに、補助動力部がある。
3、駐鋤(スペード)接地状態。
膝立ち射撃時に駐鋤(スペード)が着地し、射撃の衝撃を緩和する。

各部形状の大きな変更はせずにプロポーションの調整をおこなった。

各部形状の大きな変更はせずにプロポーションの調整をおこなった。

旧キットにポリキャップで作成した関節部を組み込み、HGUCキット並の可動を可能にした。

旧キットにポリキャップで作成した関節部を組み込み、HGUCキット並の可動を可能にした。

重砲、ランドセル、左右シールドはスクラッチ。

重砲、ランドセル、左右シールドはスクラッチ。

カラーレシピ
本体胸、腰:タミヤXF-59デザートイエロー
腕、脚:タミヤXF-57バフ
上腕、腿、動力パイプ:タミヤXF-55デッキタン
重砲、武器:タミヤXF-63ジャーマングレー
関節部:タミヤXF-50フィールドブルー

カラーレシピ
本体胸、腰:タミヤXF-59デザートイエロー
腕、脚:タミヤXF-57バフ
上腕、腿、動力パイプ:タミヤXF-55デッキタン
重砲、武器:タミヤXF-63ジャーマングレー
関節部:タミヤXF-50フィールドブルー

過去作です。2015/12up

コメント14件

  1. くろいの 6か月前
    • @naga_srx 6か月前
  2. AKIRA @ハシュ丸 6か月前
    • @naga_srx 6か月前
  3. @kinokozue 6か月前
    • @naga_srx 6か月前
  4. じゅーきち 6か月前
    • @naga_srx 6か月前
  5. 解体屋ピーカプ 6か月前
    • @naga_srx 6か月前
  6. アデスの木の枝 6か月前
    • @naga_srx 6か月前
  7. デューガン 6か月前
    • @naga_srx 6か月前