GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

BB戦士 No144 武者真紅主
rating_starrating_star5
  • 154
  • rating_star5
  • 0

BB戦士 No144 武者真紅主

BB戦士No144 編より武者真紅主です。
モチーフは名前の通りガンダムマックスター。
コミックワールドでも異国人キャラです。
軽装〜武者〜スーパーモードと三形態の再現が可能。
この辺りのギミックは元のGガンの機体ならではと言った感じ。

というわけでまずは軽装モード…より更に軽装の状態。
本来は帽子を被りますが、その下はGIカット!と説明書でも謳われてます。
背中に鞘に収めた刀を装備可能。
数少ない武者要素←

今度こそ軽装モード。
…とか言いましたが胸鎧付けっぱなしなことに気付くorz
このシリーズの軽装モードは旅装姿だとどっかで見ました。
刀は鞘から抜いて装備可能。ちゃんと雷ブレードという名前もあります。
左手の拳銃はツインパルサー。
ギガパルサーを二丁合体させた状態。
これも分離させて背中や帽子にマウント可能。
ギガパルサーは言わずもがな元機体のマックスターのギガンティックマグナムですね。

武者形態。
といいつつ武者っぽさはどんどん薄れていきます。
モチーフとなった機体の面影として、肩アーマーやカブトのガードなんかが武者になるとなんだか斬新なデザインに。
それと何より大きなブルーメッキのアンテナが目を引きます。
このシリーズはカラーメッキやミラーシールなど、色んなパーツやシールで鎧を彩ってて組んでても面白い。
この頃のBB戦士にはそういうのが結構あったイメージ。

スーパーモード。
肩アーマーを外して背中に、取り外したグローブ部を手に装備させることで再現。
ミラーシールがキレイです。
あと若干窮屈ですが、肘にはポリで関節があるのでグローブを構えた姿が映える映える。
パッケージイラストのように構えることも可能です。

ランナーと取説。
コミックワールドがほぼ2ページという豪華仕様。
当時はこれが標準だったのかな。今はページで言えば1ページだからなー。
ちなみにランナー状態で見てわかるように、青はメッキパーツを除いて全てシールによる再現です。
足首や肩アーマーなど、結構目立つ部分に使うのでこれだけでも塗ると変わるかも。
何せ軽装モードだと肩以外真っ白ですから。

部分塗装が必要な部分はそれ程多くもなく、ブルーメッキやミラーシールで鎧も鮮やかで、ギミックは三形態ともにまとまっている良キットです。
強いて言うなら武者形態、スーパーモード時に、軽装モードの帽子を背中にマウント出来るのですが、それを固定するための雷ブレードの鞘のピンが細くて不安定なため非常に折りそうなのが怖い。
上のスーパーモードは肩アーマーを背中に直接取り付けて誤魔化してます。
ともかく、色々見てると組む前後で印象が変わるキットで満足度はなかなか高めです。

コメント0件