GUNSTA

Powered by Ajaxy

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ASW-G-43 ガンダムサブナック
  • 2260
  • rating_star6
  • 0

ASW-G-43 ガンダムサブナック

ガンダムフレームガンプラ化計画のために作りました。
厄祭戦末期に開発されたガンダム・フレーム72機のひとつ。
マクギリス・ファリド事件の後、ギャラルホルンのてによって火星で発掘され、整備のために月に輸送中のところをガンダムラウムの襲撃によって奪取された。
発掘時、フレームや装甲等は比較的傷のない状態で発掘されたが、両腕はフレームごと欠如していた。

サブナックの最大の特徴は、金色の特殊コーティングの施されたフレームである。対MAを想定して設計されており、装甲の下からでもビーム等の攻撃を拡散・中和することによって、ダメージを軽減することができる。
なお、このコーティングの素材は解析不可能のため両腕のフレームには施されていない。
サブナックは、他のガンダムフレームに比べ多くの装備を武装することができ、それと同時に背面、脚部のブースターによる高速移動が可能であるが、それに引き換え、他のガンダムフレームの機体よりも発熱量が多いため定期的な排熱を必要とする。
アックス。
2丁マグナム
デモリッシュナイフ。
バックパックの装備は組み換えが可能。

拙いですが、よろしくお願いします。

コメント0件