GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

スーパーカスタムザクF2000

スーパーカスタムザクF2000

スーパーカスタムザクF2000
タツ・シマノが、パテ盛りに一部プラ板を使用して、ガンプラの「HGUCザクF2」を改造したオリジナルの機体。
機動性を犠牲にしてまで、武装強化に重点を置いている。名前は、ザクF2の1000倍強い(未測定)のでF2000とした。
彼はオリジナルの設定も考えている。
本機は、世界のありとあらゆる武術、戦術、戦闘パターンがインプットされており、他のMSの追従を許さない強さを誇る。その悪魔的な風貌から機体の開発チームには魔術師や祈祷師まで参加していたと言う噂もあるが、真偽の程は定かではない。
本機は製造コストが高すぎるため、一機の試作機が存在するだけで量産されていない。
たった一機の試作機も、あまりに強すぎた為戦後アクシズの最下層に封印されている…という設定。
機体に関する物語にまで想像の翼を広げたその想いは、ガンプラバトルでの強さに結びついている。

妄想大爆発のロマンガンプラ「スーパーカスタムF2000」を真面目に作りました。
とてもマッシブで追加装甲だらけなので稼働は絶望的です。
脇も閉まらず腿も上がりません。
それがいい。むしろそれでいい。
全身にデカールとスジボリ、ウェザリングマスターとメタル風なパーツでディテールアップしています。
見た目重視ですが機能性など問題ではありません。
カッコいい事が今回の絶対正義です。
デットエンドG(ジャイアント)ヒート・ホーク
このネーミングセンスに脱帽です。
この重量感!スタンドが頼りなく見えます。
箱絵風ポーズ。
スタイルは一切弄っていないので無改造ではこれくらいしか動かせません。
封印されしアクシズ最下層。
ガンプラバトルイメージ。
難しい事は出来ないので丁寧な工作を心掛けました。
スジボリ、デカール、ランナータグの貼り付け、部分塗装とウェザリングマスターが主な作業です。
それっぽく手を入れた箇所は
足裏、弾頭、バーニア、武器類等部分塗装(ガンダムマーカー)。
埋まって動かせない首のネオジム接続。
バーニアのディテールアップ(ダイソーのスタッズ)
武器のモナカは塗らないと完全には消せないのでしっかりと。
ウェザリングマスターでのグラデーション風仕上げ。
パステルシャドウのウェザリングマスター版?エアブラシはないけれどMAX塗りや黒立ち上げ塗装に憧れて再現しようと試行錯誤しています。
シイタケ。
放熱フィンディテールらしきものに初挑戦。
もっと複雑な造形を作れるようになりたいです。
ハニカムパターンの装甲。
これはあまり上手くいかなかったです。
もう少し精度を上げたい。
特徴的なスパイク。
胸スパイクはビルダーズパーツで基部を作り大型化。
膝は切り離してから小型化しています。
動力パイプは手芸用のビーズに交換。
150円とは思えない良い働きをしました。
パチ組みとの比較。
息抜きのつもりがダラダラと3ヶ月も弄ってしまいましたが、楽しく制作出来ました。
たくさんの「いいね」ありがとうございます
m(__)m
次回作もがんばります!
  • 1378
  • rating_star125
  • 10

成形色仕上げでもカッコいいと言われたい。

コメント10件

  1. ZITANIC 8か月前
    • Hal 8か月前
  2. Pino 8か月前
    • Hal 8か月前
  3. 永遠の蒼 8か月前
    • Hal 8か月前
  4. N‐ 8か月前
    • Hal 8か月前
  5. マッシブ♪ 8か月前
    • Hal 8か月前
MG200コンプリート計画