GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ストライクガンダムマークII

ストライクガンダムマークII

ストライクガンダムマークII+α

クリスマスイブに作り初めて短い期間に完成しました笑、ただいつもの投稿じゃぁ、つまらねえと言うことなので長文にもチャレンジしてみようかと思う!!二次創作や設定を気にする人はホームへ

ガンダムビルドダイバーズイグニッション
(これはあくまでも二次創作です登場人物や場所は空想です現実とは関係ありません)
第一章

主人公 サトウ アキラ
ダイバー名 キラ
年齢13才(中学1年生)
誕生日4月12日
身長167㎝
「…やっとだ、やっと完成したーーーー!!」
と静かだった部屋から唐突に歓喜溢れる大声が響いた
「うるさい!!今何時だと思ってるの!!」と母に怒鳴られたが今はそんなことはどうでもよかった、とゆうか怒鳴られたことすら歓喜溢れている自分の耳には、入らなかった。やっと念願の自分の専用機ができて色々なポージングをとらせてその完成度に惚れ惚れしていた(自画自賛か、と自分にツッコミをいれつつ)普段ぱち組から少しの部分塗装、武器の付け替えしていて満足していたほぼアマチュアモデラーがいきなり自分専用機を作ったから本人からしたら大きいすぎる変化であった。理由としては、いかに簡単でシンプルだった、ある時GBNにログインしてソロでマッピングでもしようと受付ホームに来たときふと上を見た時とあるフォースのミッションを中継していた、そのフォースはできてそこまで長くないと言う、なのにそのフォースは高難度のミッション、通称「トータスミッション」を3機+シャトルで挑むとゆうものだった、それだけであればGBN ナンバー1と名高い「フォースアバロン」もやっていたはず(失敗に終わったと聞いた)ところがそのフォースは何かがおかしかった…シャトルをフルスクラッチしていた、それだけではなくSDとジムの改造機体そしてリーダー(推測)の機体は初め見たときはなんだと思ったが後々わかったことだが機体名00スカイとほぼオリジナル改造が施された専用機だった、オリジナル機体ならネットやGBNで今まで見てきたがあんな主役機体みたいなものは、見たことが少ない、ふと口から「カッコいい…」と呟いた…そして同時に頭にこのなことが思い浮かんだ「自分専用機がほしい…」と、そして今日やろうとしていたマッピングを忘れてすぐにGBNをログアウトして急いで家に帰った、そして棚に飾ってあった、とあるキットに手を伸ばした、前々からこいつを改造してみたかったが案が思いつかず、ぱち組だけで済ましていた、こいつをベースに自分専用機を作ってみようとそして現在に至る
「よし今日からお前はストライクガンダムマークIIだ!!」と歓喜溢れるままのテンションで命名した

目を覚ますと外は完全に日が上りきっていて一階から何か美味しそうない臭いがしてきた…たちまちお腹がすいてきてもうお昼かと思いつつ机においてあった自分の専用機を眺めニヤニヤしつつ、とりあえずお腹がすいたのでお昼を食べてから出かけようと一階へ。
お昼を食べて元気がでてきて再び自分の部屋に戻り寝汗をかいたかわからないがとりあえず着替えて鞄を用意してそして机においてあった自分の専用機を手に取り「今日がお前のデビュー戦だ!」なんて一人で呟いてそして鞄に丁寧に入れた。
9月とはいえ段々暑くなりゆく外は少し暑く感じた、そのなか寄り道せず目的地に一直線。
目的地であるガンダムベース東京の中にあるGBNの巨体に、さすがに土曜日にもなると人が多くて巨体が空いているか心配になったが運が良く、一つだけ空いていたそこに吸い込まれるかのように、そして座ってガンプラをおいてスキャンさせ始め、そして頭の上にあるAR(?)ゴーグルをかぶりGBNにログインした。
視界には近未来風やガンダムの基地、町フィールドが広がっていた相変わらずものすごいグラフィックだなと思いつつ受付カウンターに行って受付NPCに話をかけたそしたらミッションの一覧がでてきてそこに初心者用ミッション「ガンプラ立つ」を選んだ、GBN歴は浅いが大抵のことはわかっているつもりだが、さすがに戦い方がわからないのでしぶしぶこれを受けるしかなかった…なんか恥ずかしい…そして受付NPCに専用フィールドに行ってくださいと言われた、そしてガイドマーカーが出てきた(これは自分で設定できるなお、キラは迷わないように今回だけ設定した)ガイドマーカーに沿って専用マップにいくために一度MSに乗るが今回はカットした(操作がオートになるから)そして目の前にゲートが出てきたそこに吸い込まれるかのようにゲートをくぐった、目の前は森が広がってあったそこにリーオNPCが3機横に並んでいた、唐突に砲撃して「エンカント開始」と出てきた…え、操作説明は!?と思いつつコックピット斜め上に操作説明が…わかりずらいわ!!…そういやガイドマーカーの設定の時、画面の邪魔にならないように斜め上にアナウンス系ガイド系(マーカー以外)を移動させていた…ちくしょう…だけどもう操作方法がわかったらこっちのもんだ!!操作説明どうりに相手にビームライフルを構えトリガーに指をかけそしてスイッチ、そしたらビームライフルの銃口が光ったその瞬間一筋の光が敵のコックピットを貫いたそして轟音と共に爆発したその瞬間、横に並んでいたリーオNPCが散開した、次の順次左側に散開したリーオNPCが撃破された…!?俺は何もしてないぞ!?レーダーを見たら所属不明の機体の反応があった(相手が表示拒否している)なんなんだよ…あれ…
こうして名無しのソロプレイヤーキラのデビュー戦であった

と言う長文でした今回使用したキットは、HGUCストライクガンダムです…ストライクいいよね

初めて長文チャレンジしてみたけどどうスッか気が向いたら(次回作)辺りにまたのせようかと思います!!(こっから適当にポージング)実は6枚目の画像はこうなっている。

ほとんどフレーム、装甲をいじらなかったので可動範囲も広いまま、少しのディテールを追加スミイレ、デカールシールによる簡単仕上げ塗装の量も少ないです

簡単にディテールの紹介ディテールの追加の仕方は、カッターナイフでV字に切れ目を入れてえぐるだけ、ただしできばえ人によるのでちゃんとした道具でやった方がいいかと

フロントスカートにもディテールを(見えない太ももにもディテールを)足のすねにはアメイジングザクの余剰パーツフロントスカートにはグレイズのものを

ボディが一番手がかかっています分かりにくいかも知れんが横にもディテールをいれている、中心の白いパーツはプラ板からスクラッチ

頭部は簡単にノーネイムのフェイスパーツ額にはライトニングのパーツ

ストライカーはそのまま

次回予告!!所属不明の機体!!(もっと詳しく書けよ)よかったら高評価よろしくお願いいたします!

長文です苦手でしたらすっ飛ばしOK(中二病の覚醒)

コメント0件