GUNSTA

Powered by Ajaxy

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

第2のGM ハーフキャノンGM
  • 224
  • rating_star0
  • 0

第2のGM ハーフキャノンGM

前回、GN/GMを紹介しましたので、今回はもう一体のGMであるハーフキャノンについて機体説明やらかなり大雑把なファイターの設定を紹介していきたいと思います。(主は、ガンダムビルドファイターズをあまり見ていないので細かい設定で食い違いがあるかもしれませんが、ご容赦ください。)
使用したキットはGM/GM、レオパルドダビィンチ、ノンスケールMSブレード01です。色は、ガンダムカラースプレーのMSグリーンとMSブルーを使用しました。

 機体設定・GMハーフキャノン…ガンプラマフィアの暗躍によってゴーグルアイ連邦MS(いわゆるGM系)は、ガンプラバトルの悪役、数に物言わせて相手をいたぶる悪の組織の戦闘員のような扱われ方をされるようになり、人気もジオン系・ガンダム系と比べ、すっかり下火になってしまった。
 しかし、そんな状況を快しとしない一部のジムニストの有志達がマフィアの使用したGM/GMを改修し、ガンダムレオナルド・ダ・ヴィンチのパーツと装備を組み込んで作り上げたガンプラがこのGMハーフキャノンである。
 カラーリングは清廉な青と旧テレビ版でジムの機体色であった緑となり、相方のGN/GMとの連携を考え、中・遠距離の砲撃戦仕様となっている。ビームサーベルは「2本ではジムらしくない!」という理由でランドセルに1本のみ装備されている。
 本機は、GM系の不名誉を絶ち、GM系の人気向上のため、日夜、ガンプラバトルを繰り広げている。
 ファイターはシンと名乗っており、機動戦士ガンダムで名ありのジムのパイロットであったシン少尉に由来するネームであるとされている。
 全問発射状態 前回紹介したGN/GMより前に制作したのが、このGMハーフキャノンです。GM/GM自体がダヴィンチからのパーツ流用が多いため、もういっそダヴィンチと混ぜて砲撃戦仕様にしてしまおうという安易な発想で制作しました。
ビームサーベルで斬りかかる場面
砲撃仕様の機体なのでこんな風に自分から斬りかかるというのはないと思います。今回、撮影していて顔の角度で違和感ありまくりの写真が多かったので今度からは顔の角度にも気を付けたいです。
 GN/GMとGMハーフキャノン 突撃シーン
 GN/GMが前衛として白兵戦を担当し、ハーフキャノンが後衛で撃ち合いや援護射撃を行うといったイメージです。2機とも元は同じGM/GMですが、赤と青、ブレードアンテナとロッドアンテナといった違いだけも全く違うMSに見えます。(武装や背面など大きな違いは他にもありますが、分かりやすい点としてこの2点をあげました。)
並べてみた
 割と駄文、長文になってしまいました。
 ジム系は、私が最初に触れたガンプラだったので、カスタムの容易で稼働軸が多いGM/GMの登場は本当に嬉しかったです。これからもジム系を中心にHGのガンプラを投稿していきたいと考えてます。設定や人物も少しずつまとめて書けたらなと思っています。(最初に買ったのは、HGSEEDMSVの105ダガーです。)
 NEXT STAGE
 ジオン系ジムのスナイパー
(ネモです。色替えとカスタムパーツを追加しただけなのでそこまで変わってないです。)

コメント0件