GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

UGY-R41 マン・ロディ アナザーカラー

UGY-R41 マン・ロディ アナザーカラー

~筆塗りを楽しむ~

HGIBO マン・ロディを筆でオリジナルカラーに塗り、ウェザリングで仕上げました(・∀・)ノ
前作であるガンダムプロメテウスの制作中に、息抜きとして筆塗りがしたくなり、安かったマン・ロディを購入し塗ってみました。

エアブラシを導入してからというもの、筆塗りのみで作品を仕上げるということはほぼなくなっていました。
元々筆塗りに対して苦手意識を持っていたというのもあります。
ですが、今回久しぶりにがっつりと筆塗りをしてみたところ、思いの外楽しかったです!
エアブラシによる塗装とはまた違った魅力を感じることができました♪

今回の作品では、個人的にサブマシンガンはいらないと思ったのでオミット(除外)しています。

拙い出来ではありますが、よろしければ最後までご覧ください^^

~FRONT~
~REAR~
~BUST UP~
~ACTION1~
~ACTION2~
~ACTION3~

~カラーリングデータ~



装甲部=コバルトブルー+クールホワイト+ネイビーブルー+GXクリアバイオレット
関節部=成形色
黒=ブラック

装甲部に使用したカラーは全てクレオスのものになります。

コピックマルチライナー(0.02ミリ)でスミ入れしました。

カメラアイはキット付属のシールを使用しました。

~ウェザリング~



装甲部を塗装後

Mr.ウェザリングカラー マルチグレーにてウォッシング

つや消しスプレーにてクリアーコート

Mr.ウェザリングカラー マルチブラックにてウォッシング

ガンダムマーカー ガンダムシルバーにてドライブラシ

タミヤ ウェザリングマスターB、Dにてスス、青焼け、赤焼けを塗布

つや消しスプレーにてクリアーコート

という感じに仕上げました。

ウェザリング初心者なので、これが正しいやり方なのかどうかはよくわかっていません。
まだまだ知識も技術も足りないので、これから勉強していきたいと思います。

~マン・ロディ~



ガンダムやザクを始めとするガンプラとは一風変わったフォルムをしているのがこのマン・ロディ最大の特徴であり、同時に魅力であるとも思います。
価格も安く、組み立ても容易です。
「なにかガンプラ作りたいけど、なににしようかなぁ」と悩んでいるあなたにおススメのキットだと思いますよ♪
量産機ですので、数を揃えていっぱい並べてみるのも楽しいと思います。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!
  • 466
  • rating_star22
  • 0

マン・ロディ、独特の魅力を持つキットでおススメです♪

コメント0件

MG200コンプリート計画