GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ガンダムAGE-2 鳳煌 紅嵐型

ガンダムAGE-2 鳳煌 紅嵐型

最上静奈の専用機であるAGE-2 鳳煌の紅雷の他に隠されていた型

重装砲撃型武装である『紅嵐(ベニアラシ)』を装備した姿

紅嵐は背部のビームキャノン及びガトリング砲、そして追加増設されたプロペラントタンク及びスタビライザー等の装備を指す

鳳煌の背部に搭載されていた粒子可変速機構搭載大型ビームキャノンは内部機構の改造を施した事によりほぼ無反動になった為、マニピュレータ保持の状態で安定して撃てる様になった

元々、紅雷型はこの紅嵐型の隠蔽の為に作られた装備であり、紅嵐型は最終決戦用に作られていた追加装備である

AGE-2をベースにEXA-DB内にあったある過去のMSのデータを使い完成した

しかし、紅雷型、紅嵐型の2つの装備が存在した事で、この形態が最終決戦仕様と言うわけではなくなった

正面(飛行状態)
背面
粒子可変速機構搭載大型ビームキャノン

本来腕部での保持の射撃は不可能とされていたが、改造の末、射撃が可能になった
ガトリング砲・ビームキャノン

背部に搭載された武装

大抵挨拶がわりに放つ

『要するに挨拶がわりのガトリングとビームキャノン』
腰部ビームランチャー

腰の部品を武装に変更し装備された武器
火力が低い分連射が可能
一斉射撃
粒子可変速機構搭載大型ビームキャノン、ガトリング砲、ビームキャノン、ハイパードッズライフル、ビームランチャーを同時に発射できる
次回…
本当の最終決戦仕様…現る

コメント0件