GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ストライク・ブルー

ストライク・ブルー

ニムバスに大破せしめられたBD-1はその修理を待たずに乗り手が宇宙へ上がりました。頭部の破壊=EXAMの喪失が大きいとは言え元来高性能なモビルスーツ、腐らせておくには勿体無い……と戦後掃討に間に合わせる形で有り物での補修・改造を受けた姿と想定しています。かなり前に作ったキットなのであまり覚えていない所も多く、個人的には半ばロストテクノロジー化してもいますが、賑やかしになれば。

「ストライク」の名が示す通り、ジムストライカーを筆頭にオーガスタ系RGMのパーツを多用したと想定。頭部はほぼストライカーそのままですが、額のセンサーとバルカン砲を塞ぎ、顎部にブルーの面影を感じさせるオプチカルシーカーを増設する事で「そのまんま感」を和らげてみました。肩の合わせ目はパネルライン処理……そうですこいつ、ABS関節の旧HGUCブルーなんです。

胴体と肩にはウェラブルアーマーと想定した装甲ディテールパーツを貼り付け。胸部バルカン砲と有線ミサイルユニットを切除&パテ盛りして連邦的なインテークを取り戻しました。首と腹部でそれぞれ1mmずつくらい延長していた……ような……(うろ覚え

バックショット。バックパックの左右にパワードジムから切り出したブースターユニットを増設……ってこれどこの部品だったんだ。前後左右のスカートを1mm延長、スネ後ろにこれまたパワードから持ってきた四角パーツをパワーユニットとして接着。太腿は2mmくらい延長している筈。

膝に陸戦型スパイク復活! 単純に小さめのスラスターパーツを貼り付けただけですが効果は大きいかと。位置決まるまでは凄い勢いでもげまくりますが。裾とアンクルガードにも上半身と同じくアーマーパーツ貼付け、歩兵のロケット攻撃が怖いので……という言い訳。

随伴ヘリコプターからの一枚……的な。モビルスーツはやはりガンプラの華、撮るのが楽しいですがどう撮るのかに悩みます。塗装レシピは完全に忘れていますがメカサフヘヴィの上からエアブラシ吹いてた事だけは覚えてます。関節動かすのめっちゃ怖い。

人型だって作るんです。

コメント0件