GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

グレイズ・トルーパー(ガエリオ機)

グレイズ・トルーパー(ガエリオ機)

グレイズの初期量産型の地上戦仕様。写真はそのガエリオ専用機である。パイロットであるガエリオの指揮官就任が決まり、機体の頭部も通信距離を延長した物に変更されている。この機体の主な任務は地球上における小隊を率いた上での紛争およびテロ活動の鎮圧である。それらの任務から採取された実戦データをきっかけに、地上用のパーツの必要性が実証され、のちにガンダム・キマリス専用の換装パーツが作られている。

正面。
背面。
ランスユニット。ナノラミネートアーマーによる防御の一点突破を目的として開発された対艦・対モビルスーツ用装備であり、ライフルの銃身を取り外したショートライフルをベースに、大型のランスを外装する形で運用される。
バトルブレード。グレイズを地上で運用する際の主兵装として開発された大剣。対象を「斬る」のではなく「叩き潰す」事を目的としており、切断能力こそ控えめではあるが、バトルアックスと比較して軽量で扱いやすく、その軽さに反して破壊力は充分な物を備えている。また、地上で使用頻度の高い姿勢制御プログラムへの負担軽減にも貢献している。しかし、ガエリオ機が使用する分としてはランスを失った際における次善策としての意味合いが強い。
シールド。耐熱仕様の携行型増加装甲板。グレイズ用オプション兵装の一つであり、表面にナノラミネートアーマーが施され高い防御力を誇る。機体への固定は腕甲部マウントラッチとマニピュレータによる二点保持を採用。
頭部。ガエリオ機を含む指揮官機は「エイハブ・ウェーブ」の影響下においても、指揮系統を維持できるように、一般機の2倍相当する通信距離を持つ。
頭部装甲を展開した状態。頭部装甲内にはエイハブ・ウェーブや赤外線を感知するための球体センサーが内蔵されており、長距離望遠・索敵・精密測定など必要に応じてこれを露出する。
脚部。脚部に備えられたホバークラフトにより、地上運用時における高い機動性と運動性を実現。同時に機体重心も安定させ、重力の影響を最小限に抑える事で宇宙での戦闘と遜色のない突進力を発揮する事が可能となっている。
グレイズ・トルーパーのガエリオ機が組織に返還された際の形態。頭部を一般機の物に換装したことにより、通信距離が短くなった代わりに、各種センサーが改良されており、戦闘以外における利用価値が上がっている。
ライフル。通常型のグレイズが装備する物と同一の射撃兵装。基本性能や仕様などは変わらず、戦闘においては主兵装は元より支援火器としても幅広く運用される。
  • 431
  • rating_star21
  • 0

グレイズ作品投稿コンテストには間に合いませんでしたが、ごゆっくりとご覧ください(^_^)

コメント0件

MG200コンプリート計画