GUNSTA

Powered by Ajaxy

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

GNT-0000 00QAN[T] ダブルオークアンタ
  • 288
  • rating_star14
  • 0

GNT-0000 00QAN[T] ダブルオークアンタ

友人がどうやら私をゲテモノしか作れないと思っているようなので、正統派に改造。

右腕のアーマーに縁取りを追加。キットそのままはのっぺりしていたので多少のメリハリをつけ、それに繋がるように筋彫りを追加、また胸部のGNコンデンサー(なんだろうけど、説明書でレンズと表記)を挟む爪は長さを延長しました。なお、クアンタムバーストレギュラー並びにクアンタムバーストは再現不可です。
全体的な延長工作と各部ディテールアップ。筋彫り、デカールの貼付。クリアパーツの色付け、全塗装を行っております。各部フレームは黒鉄色のメタリック。青はつやありの光沢、白い部分はつや消し、少ない色ですが、赤は半光沢になっております。
腕のGNコンデンサーは肘関節の部分は裏から濃く塗装を施し、手首は同じことをすると色が落ち込んで暗い印象になるので下地の白をそのままに黄色と青でグラデーションのある緑に。頬のクリアパーツもここを濃くしてしまうと顔の印象が暗くなるので手首の部分よりもさらに薄く塗装。デカールが浮いているのは最早無視!!そうでもしないといつまでも完成しない!!!
下から覗かないと見えない部分ですがヒザ裏のアーマーにも段差上のディテールを追加。ところどころに露出したシイタケモールドも配置していますが、一応の考察を以てこのようにしています(下で記載)。足の筋彫りを追加するだけだと足がのっぺりしてしまうので一部は盛り上げた上でその周囲に筋彫りが放射するように配置されています。GNコンデンサーは濃く塗装した後に裏からラメ糊を塗って光が透けないようにしてあります。この処理は胸部のGNコンデンサーにも同様の処理をしてあります。
ここも見えない部分だけど、GNバインダー内にメカディテールを配置。劇中殆ど戦闘しておりませんが、他のGNドライブ搭載機と比べて外に放出されているGN粒子が少ないように感じました。なので、GNドライブから出て行ってしまうGN粒子をトラップする機構を持つのではないか、と考察してこのようなディテールを追加しています。まあ、実際には刹那が戦いの意思を持たなかったから出力全開にしていないだけだと思います。
今回最も苦労した部分がココ!! 塗装が終了しデカールの浮きを見なかったことにし、組み立てていたらGNドライブが紛失していることに気付き、急遽新造したのがGNシールドを繋ぐGNドライブ。余っていたパーツなどで新造し、レンズも入れたので形にはなっています。その関係で色も変更してあります。
両肩にはディテールを追加。胸部は0.5cm幅増しを行い筋彫りとディテールを追加。腰部サイドアーマーはパテで形状を変更。額の青は他部位の青とは違う青です。こちらの方がより深みのない濃い青になっていることを感じてもらえると嬉しいです。額のレンズは濃くしてしまうと顔が暗くなるのと同時に注目を引くべき部分がうすぼけて顔の印象が残らなくなってしまうのを防ぐためです。アンテナは縦方向に伸びている部分を鋭くするとそこに目がいってしまうため、横のアンテナもそれと同様に少し鈍く調整してありますが、ここが短いと顔が縦長に見えてしまいかっこ悪いので伸ばしてあります。頬のガードは約5㎜延長。アンテナのひさしの部分も5㎜延長してあるため、この角度だと目が見えません。頬のグレーは筆塗りでやりました。ここも濃くし過ぎると顔の印象が変わってしまうので発色に注意しました。顎も5㎜ほど延長しているので顔の改造は5㎜延長が基本工作になっています。
キットの体型そのままだと足が長いのに胴が短く、肩幅も狭いので下半身だけマッシブな三角形体型に見えてしまったので胴を延長し肩幅を増してあります。これで体系が逆三角形になり、体型の印象がΛからXへと変化します。ここらへんは完全な好みなので人それぞれの好みがモロに出る部分かなあ、と思います。
なんで、写真撮ったんだっけ?となりましたが、残っていたので顔の写真だけ、これアンテナの細工しかしてないので、この後もっといじくりまわしてあの顔に変わります。

さあ、次はゲテモノかな?

コメント0件