GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

紫電
  • 1007
  • rating_star23
  • 0

紫電

紫電と獅電、読み方は同じ「しでん」なんですが機体が紫色なんで紫電の言葉の意味とかは気にせずこの名前にしました。
暇な時にでも閲覧してもられば嬉しいです(^^)

[武装]はバトルアックス×2、クラッシュシールド、グレイブ、ツイングレイズライフル
となっている。
ツイングレイズライフルは2つの銃口の内どちらも三点バースト型である、そして片方の銃口で1度弾を発射したら自動的にもう片方の銃口から次の弾が発射される。
一発ずつなら同時に発射可能。

賞金稼ぎであり高貴な人物として一部の者に知られているパイロットが乗っていた獅電の改修機。
パイロット自身機体と同じ紫色のスーツを着ていたりと周りからは彼=紫がトレンドカラーの人物と認識されている。
賞金稼ぎ以外に一時的に雇われ犯罪組織の護衛をしたり報酬の為小さな町の襲撃に加担(しかも襲撃方法を提案する)したりと、一匹狼ではあったが腕も頭も切れる人物だった。
機体は機動力を上げサイドアーマーは180度稼働し肩のバーニアを使って緊急回避が出来るようになっている、機体を乗りこなすにはかなりの時間が必要とされているが専用機であり搭乗するパイロットは1人、時間を掛け彼は十分に機体を操れるようになった。
ある日、とある軍の基地(機体製造等に特化した場所)を襲撃する依頼を受けた紫電のパイロットは、数日間依頼してきた者達と共に基地の周辺を探索し、襲撃の手筈を整えていた。
そして作戦決行日が決まり襲撃当日、安全に狙撃可能なポイントと思われる山岳地帯へ依頼した組織の機体数機と共に(護衛としての役割持って)移動した。
狙撃ポイントのすぐそばまで来た途端、到着予定の場所から突如計3機の機体が現れ此方を攻撃、紫電を含む6機の内2機が大破、紫電以外全ての機体が損傷するという事態となった。
真ん中にいるオレンジ色の機体が最も素早く厄介だと判断した為、紫電は単機でオレンジ色の機体と交戦しに行く。
オレンジ色の機体(機体名.アリオス・ニコード)も紫電が此方を狙っている事に気づき、紫電以外の敵機体の注意を左右にいる味方に引かせて単機で移動、紫電も銃撃しながら後を追う。
山岳地帯からかなり離れて一騎討ちとなる、紫電もアリオス・ニコードも広範囲な攻撃が出来る武装を持っておらずどちらかが弾切れを起こすまで様子を見ながら撃ち合っていた。
そんな中紫電の銃撃がアリオスの頭部当たる、一部のアンテナが壊れた程度でメインカメラに問題は無く損傷は軽微...だったがアリオスは機体の限界まで加速しライフルを紫電に向けて投げつけ鎌で斬りかかって来たり、又はサイドアーマーに付いてるナックルガードで殴りかかってきた。
まるで機体本体が激情に任せ暴れまわってる様だった。

7分後、紫電のコックピットに2つのナックルガードがめり込んで機能停止。
中破したアリオス・ニコードは紫電が機能を停止したと同時に同じく機能を停止した。
お互いパイロットを失う結果となった。
襲撃は出来ず、紫電と行動を共にしてた機体達も皆大破している。
跡形もなく壊れてはいなかった武器等は軍に押収され[ツイングレイズライフルはどっかの部隊に渡そう]と話が進んでるようです。

如何だったでしょうか、アリオス・ニコードに傷を負わせたのは此方の獅電です。
アリオス・ニコードもガンスタの方で紹介してるので暇な時にでも閲覧してくだされば嬉しいです(^^)

コメント0件

MG200コンプリート計画