GUNSTA

Powered by Ajaxy

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ガンダムヘビーアームズ(EW)
  • 273
  • rating_star23
  • 4

ガンダムヘビーアームズ(EW)

HGFAキットの塗装、および武装変更です。
塗膜が厚くなるのを嫌ってサフレス塗装したら、エッジに塗料が乗らず苦労しました。アクリジョンも上手く使い方がわからずに苦戦しました。
全体的に失敗作感は否めませんが、これ以降製作するキットで、特に塗装方法について考えさせてくれる作品になりました。

背面。コトブキヤの「ベルトリンク」発売はまさしく天啓でした。このおかげで製作の目処が立ちました。タンク下部の接続部を逆に組んで、左半身に向けてベルトが向かっていくようにしました。

HGBCボールデンアームアームズ、HJ付録のフェザーブレイド付属のジョイントを加工して、タンクとガトリングを装着しています。バックパック側面のポリキャップは可動しないようにプラ板を噛ませて固定できるようにしました。
機銃、ガトリングガン類は銃口を全てピンバイスで開口しています。人によってはプラパイプや真鍮製に置き換える方もいらっしゃると思いますが、ドリルで穴をあける感覚が好きなので、7×4(胸部)+6(手持ちガトリング)+2(肩)で36回も彫っています。
頭部は前後で合わせ目を消し、人生初のフェイス後ハメ加工をしました。そのままでは首のボールジョイントが緩くなるので、フェイス裏に0.5mmプラ板を貼って可動を少しきつめにしてみましたが、あまり効果はなく…

耳のアンテナは製作中に下側の短いアンテナが折れてしまい、一瞬肝を冷やしました。しかし、いかにも改修前感が出せそうなので、結果的に左右側頭部のアンテナは1本に減らしました。
肩の装甲は元から後ハメ可能な構造でしたので、アーマー側の可動部受けに瞬着を塗布して少し可動を調整しましたが、こちらも動かしていると効果がなく…

肩前面ハッチは後ハメできないので合わせ目はディテール処理。

フロントスカートのミサイルハッチは差し替えピンを短くして、瞬着を塗布。
お約束のフルバースト。股関節のボール受けはナイフでフチを削って可動範囲を広げます。

案外足の各関節が弱いので、仁王立ちすら苦労します。実は足首の可動範囲拡大を狙いましたが、上手く行かずに無駄なボールジョイント置き換えを行なっています。
脚部ミサイルポッドは差し替えですが、開閉状態どちらも上下片方のみ差し替えられるよう分割。表現にも少しだけ幅が出ます。
形状にクセがあるので、裏に左右どちらかを示すRやLをナイフで彫って、見分けられるようにしました。
腕は元のポリ関節では保持力が皆無なため、ボールデンのものを使用。前腕内部を削り、プラ板でクリアランス調整しました。本当はウイングガンダムのビームサーベルを装着できますが、ご覧のように未塗装で不恰好なため、載せていません。

上腕も作り替えました。肩関節に3mm軸を接着、0.5mm真鍮線を通して補強。上腕装甲は現物あわせでプラ材とプラ板で製作。これも力尽きて未塗装です。すいません。

ハンドパーツはビルダーズパーツHDのハンド01から。
肩関節は軸を切り取り、ボールジョイント化する予定でしたが、保持力を期待できなかったので、仕方なく3㎜プラ棒を軸として、斜め上にして仕込みました。
ガトリングガンは「システムウェポン005」のジャイアントガトリングガン。グリップの新造は見込めなかったので、接着されている基部を分解、グリップを取り出し、フォアグリップのジョイントを加工して側面に装着できるように加工しています。

シールドは1.2㎜プラ板を切り出して製作。基板の上に、切り抜いたもう1枚を重ねて接着。外周はL字型プラ材で強度を出しつつ0.5㎜プラ板を貼っています。シールドはグリップユニットに装着する方式な為、これもジョイントを加工、プラ板でかさ上げし、手甲に干渉しないようにしました。
グリップを摘出したところはプラ板でフタをしました。ベルトリンクとの接続部は、組み換えパーツで付属するストックの様なパーツを加工。一段低くなったところで切り出し、プラ板で蓋&かさ上げ。最後部には、ビルダーズパーツHDのランナーにある半円形の穴あきパーツを利用。また、3㎜穴が開いたジョイントを銃身下部に接着。背面に装着できるようにしました。
右腕はMGを参考にアーミーナイフを着脱したかったので、3㎜穴を開口。フタパーツは股下の穴隠しパーツを流用。左腕にもダミーでプラ板を貼りましたが、肝心のアーミーナイフは未製作。
塗装は下地にMr.ベースホワイト1000を使用。
赤=ガンダムマーカー レッド
黄色=同 イエロー
緑=同 蛍光グリーン
青=同 ブルー
弾頭などグレー=同 メカグレー
本体などグレー=同 グレー
黒=同 ブラック

スミ入れは極細と流し込みの併用。デカールは力尽きて貼ってないです。
水性トップコートをかけておしまい。

自爆ショー()、始まります。

コメント4件

  1. kou 2か月前
    • アデスの木の枝 2か月前
  2. 永遠の蒼 2か月前
    • アデスの木の枝 2か月前