GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ノーク・スペリオル
  • 948
  • rating_star60
  • 6

ノーク・スペリオル

Twitterでの企画「鉄血のバトルリング」の参加機体です。
設定としては
パイロット兼開発者である「エルノア・ノエル・クレイマン」が開発した機体。
ユーゴフレームとグレイズフレームを混ぜる事で関節の位置や機体のバランスをより人間に近づけたとそれている。
頭部をユーゴをベースにコックピットを廃棄して複数のセンサーを搭載した物とした。
本機には戦闘補助AIが搭載されており、戦闘時における回避や細やかかな挙動の制御を司る。
AIに戦闘事態をさせないのはMAの様に暴走を防ぐためでもある。
機体の腰の部分にロケットブースターが2基搭載されている。
これは直線であれば、通常のモビルスーツ(グレイズを基準)より2.5倍の速度で移動できる。
しかし、燃費は悪い。
「ノーク」とは製作者の愛称から来ている。

バトルリングへの参加は技術者として、パイロットとして名前を売るためであった。
どうも研究費がそろそろやばくなってきたらしく、渡りに舟と言えるこれに参戦したとの本人談である。

とまぁこんな感じです。
カラーリングは白と青がメインです。

正面より
ユーゴの太股フレームとグレイズの脚フレームを繋いだため足が長く背が高く成りました。
背面より
近接用のソードと長距離狙撃用スマートレールガンが目立ちます。
ユーゴのライフル
長距離狙撃用スマートレールガン
頭部複合センサーと背面に装備された狙撃用モニターを展開することで標的を距離に関係なく狙撃する。
バトルリングでは腰に装備されているロケットブースターで距離を取った後にしようされる。
ソード
狙撃用モニターに懸架されているソード。
標準的なバトルソード
シールド
先にナイフが装着されていて刺突武器としても使用できる。
ナイフは取り外しできる。
フレーム状態
意外と外装が多い。
元々はガンダムフレームを胴体に使う予定でした。
名前からわかるように、Sガンを意識しています(笑)
初期
余っていたフラウロスとユーゴの再利用を目的に作り始めてました。
中期
腰をフライトユニットにする予定でもありました(廃案)
最終段階
諸々決まってサフ、この後にバトルリングを知って軌道修正(笑)
腰のロケットブースター
ディテールアップパーツの中にシナンジュ・スタインのブースターを入れて見ました。
差し替えようパーツも含めて。
シンプルなつもりですよぉー(^^;
パラメーターです。
グラフも良いですが、個人的にこちらの方が好みだったのでこうしました。
見辛いことこの上ないと思いますが、ご容赦をm(_ _)m

良ければ見てやって下さい。

コメント6件

  1. 万丈 3週間前
    • ayato 3週間前
  2. かーず 3週間前
    • ayato 3週間前
  3. マッシブ♪ 3週間前
    • ayato 3週間前
MG200コンプリート計画