GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ASW-G-27    ガンダムロノウェ・トラウム
  • 950
  • rating_star27
  • 2

ASW-G-27 ガンダムロノウェ・トラウム

ガンダムフレームガンプラ化計画時に製作したロノウェを少し弄ったものです。
当時の技術と突貫工事もあいまって、あまり出来映えが良くなく、気に入らない部分を改造しましたw
また、プラ板で武器を8割ほどスクラッチしてスジボリしてみましたが、スジボリ全然上手くいかないw

〜悪魔、再び 〜
海賊組織「プリュンデラー」の首領である「ニービル・クランツェ」と、組織の象徴的存在である愛機、ガンダムロノウェは、以前、他のガンダムフレーム機と戦闘になり敗北した。組織も大きなダメージを受けたため、機体の修復と登載している特殊システムの調整、組織再編のために暗礁流域に潜伏、癒着のあった、とあるギャラルホルン士官から補給を待っていた。しかし、現れたのはアリアンロッド艦隊の尖兵であり、辛くも逃げ切ったものの、その後になっても士官からの連絡がつかない。痺れを切らしたニービルは輸送船や他の海賊を襲撃し、独力で強引に組織再編をめざし始める。そのなかで、ロノウェも特殊システムの解析と装甲の改修が進み、新たな姿を得る。「悪夢」を意味する「トラウム」の名を供え、新たなロノウェがアリアンロッドの尖兵と対峙する。

全体像
コックピット周りは新造され、各部が以前に比べ洗練されている。
右肩にはギャラルホルンのマークが切り裂かれたものが描かれている。ギャラルホルンに対する挑発と思われる。
左肩には機体の形式番号である27を記している。
主兵装「バイゼン・アイゼン」
厄祭戦時に建造されたコロニーの中心の柱を構成する素材のなかには、現在では製造法不明な素材が含まれていた。圧倒的な強度を持つ特殊レアアロイ「ティターニア・ダイン」と呼ばれるこの素材は、高硬度レアアロイをベースとしていることしか分からず、ニービルは柱の一部を採取して加工。そのまま武器として活用した。
重量がかなり重く、扱いが難しいが、質量兵器としては優秀であり、面積の広さから盾にも使うことができる。
専用太刀
独特な形状の太刀。高機動を活かした高速な剣捌きを可能にする。
アンカークロウ
そのままでも刺突武器や簡易盾として使用可能だが、射出して敵機を捕縛することが出きる。
各部装甲を展開して出力解放!
強制廃熱能力をフル稼働させて特殊モードに移行する。
特殊モード「フォースィヴリ・モード」
ガンダムフレームのリミッター解除のおよそ半分程の力を人為的に引き出すことができる。
出力、機動力共に上昇し、並の機体やパイロットでは太刀打ち出来ない挙動となる。
ギャラルホルンとの戦闘。
ニービル (天下のギャラルホルン様の最新機がこの程度か?!)
ニービル (ガッカリだな。)
兵 (くそ、 撤退を!)
兵 (っ!!)
ニービル (こっちはガンダム野郎に一発噛まされるわ、クライアントにドタキャンされるわでイライラしてんだよ。)
ニービル (ロノウェのサンドバッグにもなりゃしねぇな。)
御観覧ありがとうございました笑

コメント2件

  1. マッシブ♪ 2週間前
  2. ヒツジ 2週間前
MG200コンプリート計画