GUNSTA

Powered by Ajaxy

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ズィレラベーガM
  • 1172
  • rating_star82
  • 4

ズィレラベーガM

レギンレイズ+ガーベラテトラ+グレイズやらバルバトスやら。
1/35スケールぐらいのつもり。5mぐらいですかね。
股間はグレイズフレームになってるんですが結局レイズなので名前的には問題なし。
ズィレラベーガの設定ちょっと盛り過ぎで脳内ブンドドし難いのでモンキーモデル化。

設定的なアレ

ズィレラベーガは極めて優秀な機体であったものの導入された新技術の数々はコスト、耐用年数、そして向上し過ぎた性能によって限定的な配備に終わった。
レーザーユニットはもとよりそれを単独で運用可能とし、果ては飛行能力すら示唆とする動力ユニットまでもが輸出禁止処理とされ、国内でも一部特殊部隊に配備された60機およびその予備機系72機のみが非公開配備となっている。
しかしコントロールシステムであるBMCIは多数のパイロットによる運用データによって得るプリセットデータを求めており他の部分を第三世代機にダウングレードした、言わばモンキーモデルが開発されることとなった。
これが本機である。

動力ユニットはサイレントオルカ等に採用された物をベースに補器を追加した物が採用され、従来より性能は向上しているもののレーザーユニットの単独運用等は不可能な第三世代機の範疇に収められた。
また、腕部はレーザーユニットのドライブ用コネクタが不要となったため既存機の物が採用されており他機種に採用されている装備との互換性は向上している。

本機は一般選抜部隊への配備や同盟国への輸出、認証を受けた一部民間軍事組織等に採用され現在において最も高性能なWTとして認識されている。
フルスペックのズィレラベーガは初期ロットが特殊部隊へ配備されている、という情報こそ知られているもののその性能や外見、そもそもにM型と異なる世代にある事自体が非公開とされておりミリタリー雑誌やマニアにおいてもズィレラベーガといえばモンキーモデルである本機を指す。
頭は夜明けの地平線団モビルワーカー。右上のレンズ部分がメインカメラで鼻はセンサーユニットです。
胸は上下を逆にしたガーベラテトラ。
ディテール以外は大体そのままデザイン引継ぎ。
股間はグレイズフレームの胸をこれまた上下で反転。
装甲をストライカージンクスのあまりでデコって丁度いい感じに整えています。

胸と後ろの蛍光ピンクは光学式アクティブ防御ユニット。球状のユニットがキュイっと動いてレーザーで迎撃。

腕はバルバトスの腕を装甲やら削って軽量化。
足はレギンレイズの物をフレームから再構成。
靴の部分にヘルムヴィーゲを混ぜ込んでデザインをアップデートしました。

尻はゲイレールの装甲で塞いでいますがスロットは生きているので追加で装備することも可能。
中央部にネオジム磁石を仕込んでいるので武装をマウントすることも可能です。
手持ち武器は第三世代機で標準採用のライフル。コトブキヤロングライフル生産終了とか困る。
ブレードもクリアランス頑張って調整したのでちゃんと抜刀できます。
回転
殆ど見えない首の中身
足首はこんな感じで脛ごと後ろに引いて踏ん張れるので結構無理な姿勢でも自立できたりします
鉄血武器セットの平手、指の角度が完璧なのでビルドナックルもこの形でリメイクしてほしい
本体部分のレシピは大体こんな感じ。
メインカメラの中は蛍光グリーンなので紫外線ライトで光ります。

ズィレラベーガの設定ちょっと盛り過ぎで脳内ブンドドし難いのでモンキーモデル化。

コメント4件

  1. ΔⅡ 4週間前
    • @mahty2013 4週間前
  2. シュン 4週間前
    • @mahty2013 4週間前