GUNSTA

Powered by Ajaxy

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

HG ZZ
  • 348
  • rating_star29
  • 2

HG ZZ

HGのZZガンダムを作りました。

このポーズを絶対にさせたかったです  ( ´∀`)
いつもの如く部分塗装、成型色フィニッシュです。
膝の突起裏など目立つ所は肉埋めしています。
ツインアイ、バーニアの内部などは塗装してあります。また配色が物足りないと思ったところもアドリブ的に塗装しました。
ホイルシールはビームライフルのセンサー部のみ使用しました。
取り敢えず各部関節が可動限界に至る前に他のパーツと干渉しちゃいます。ポージングさせにくいキットと感じました。
性転換したかつての仇敵と。足周り結構似てますよね。そしてデカイ。
昨今はハイメガキャノン発射ポーズとしての方が一般的?精神コマンドの幸運のかけ忘れ注意。
制作編 らいだ〜joeさんのお気楽汚しを参考に今回も汚化粧しています。ランナーの状態で部分塗装、デカール貼り付け、つや消しまで実施します。
切り出し後、リアルタッチマーカーの茶色ではみだしなんぞ気にせずスミイレします。その後百均のメラミンスポンジで表面をゴシゴシしてはみだし部分を消していきます。下がスミイレ中。上がスミイレしてメラミンスポンジで整えたものです。
スポンジチッピングの要領で焼鉄色を百均スポンジでポンポンとエッジ部分にスタンプしていきます。その後に同色で軽くドライブラシしてからシルバーで要所要所再度スポンジチッピングしています。
焼鉄色とシルバーでチッピングしたところにウェザリングマスターのガンメタを塗り込んでなじませます。成形色が青、赤等の部分はその後全体にウェザリングマスターのライトサンドを塗り込んでいます。(退色効果がでます。)
成型色が白と黄色のパーツは焼鉄色のみを使用し スポンジチッピングとドライブラシを施します。その後焼鉄色の上からリアルタッチマーカーの茶色をぬり、指や綿棒を使いぼかします。さらにその後全体をウェザリングマスターのオイルを全体に塗り込みます。好みでエッジ部分に同マッドを塗り込んでも良いかと思います。
所々にリアルタッチマーカーの茶色を点描し、重力方向に指でぼかすとサビだれを表現できます。
汚化粧道具です。つや消しはホームセンターで売っています。量が多く粒子も細かいのですごくお薦めです。ウェザリングマスターは少し値が張るかもしれませんが大概のものは百均で揃えられますし、中学生のお小遣いでも充分賄えるのではないでしょうか。
このウェザリング方法はらいだ〜joeさん御本人のブログやyoutubeに動画でアップされています。すんごくわかりやすく説明されてますので気になる方は一度視聴されてはどうでしょうか。  以上となります。最後まで見てくださってありがとうございました。

コメント2件

  1. os1979 1か月前