GUNSTA

Powered by Ajaxy

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ボール ジオン鹵獲仕様(特攻装備)
  • 215
  • rating_star20
  • 0

ボール ジオン鹵獲仕様(特攻装備)

UC.0079、12月。ジオン公国軍、最後の拠点であるア・バオア・クー攻略のため、地球連邦軍は「星一号作戦」を発動した。防衛用の戦力すらままならないジオン軍は、それでもなお決死の反抗を続けていた。
圧倒的な物量差を埋めるために、一騎当千の戦力を必要としていたジオン軍だったが、練度の高いパイロットの多くは戦死、新兵や学徒兵が戦力の殆どを占めている以上、それは叶わぬ願いであることは明白であった。
そこで、とある機体に注目が集まる。
過去に鹵獲していた数機のモビルポッド、ボール。ジオン軍の戦術ドクトリンに合致しない事から、戦線への投入は見送られていたのである。
そんな、はぐれものの機体の最後の使い道。それは「特攻」だった。
大量のモビルスーツを搭載した戦艦を、1機で沈めることが出来れば。
そんな発想は、時間が無く藁にもすがる思いのジオンにとって希望の光とされ、瞬く間に計画として纏められた。
比較的操縦が容易で新兵でも扱える事から、ボールを特攻兵器として運用する、この計画とも呼べない無謀な作戦は、実行に移されることになる。

前置きが長くなりましたが、こんな感じの妄想の産物です。はい。
本体はザクグリーンのマーカーをエアブラシシステムで塗装。好みでグレーなどを使って塗り分けています。
また、頭部(?)の180mmは特攻兵器のくせに生意気だと言うことでザクマシンガンに換装。重量も減ったので機動性の向上に寄与しています。
推進力に難がある、という事を聞いた記憶があったので、プロペラントタンクを増設&大型のスラスターを装備。
また、敵艦の護衛機との戦闘を考慮してミサイルポッドも装備しています。
増設プロペラントタンク、180mmの予備弾倉などのクリアランスに積み込んだ火薬や爆薬によって、特攻時の火力は原型機とは比べ物にならない程、飛躍的に上昇している。その為、機関部から外れてもトラファルガ級程度なら1機で沈めることが出来るとされている。
色変えとザクマシンガン、プロペラントタンク以外には特に形状の変更はしていません。単純な形状だからとはいえ、かなり良キットですね。一箱に二個ついてくるので、改造が捗りそうです。次は何作ろうかな……

コメント0件